言葉遊び~英語での効果と翻訳

2017 / 1 / 9 | 執筆者:Futakuchi Kazuko

create
Photo by derrickcollins

先日新聞で、アンジェラ・ダックワースの世界的ベストセラー
『GRIT: The Power of Passion and Perseverance』の
一面広告を見かけました。
邦訳の題名『やり抜く力』も見事な訳ですが、
オリジナルの副題がいわゆる語呂合せになっています。

Power(力)、Passion(情熱、熱意)、Perseverance(忍耐)と
Pで始まる3つの単語(3Ps)で構成され、
Grit =「へこたれない根性、勇気、度胸、肝っ玉*」を
きちんと説明できています。

環境分野の翻訳でも、そのような機会があります。
例えば「発電、電力消費、給電」。通常は、

generate, use, and supply power

などのように訳出するのですが、

create, consume, and connect power

と、Cで始まる3つの単語(3Cs)を使って表現することができます。

一方で日本語で語呂合せが多く使われるのが、商品名やキャンペーンの名称。
残念ながら、翻訳してしまうと原語(日本語)の面白みが
なくなってしまう場合がほとんどです。

そのような場合は、商品などの本質的な特徴を表す言葉を使って訳出し、
お客さまのご要望があり、レイアウトのスペースが許せば、
日本語の発音とその説明を添えるようにしています。

使う言葉が変われば、遊びを取り入れるところも変えていく。
英語の言葉遊び3Ps、3Csは、見出しやリード文などで取り入れると、
ネイティブの読者に効果的です。

お客様とご相談しながらになりますが、
2017年も「伝わる」「響く」表現を目指します。

*: リーダーズ英和辞典第2版より引用

このエントリーをはてなブックマークに追加

翻訳トレーニング講座 受講者募集中!

あと少しでお仕事ができるという方の成長をサポートする翻訳講座「サステナビリティ翻訳トレーニング」。実際にご依頼いただくことの多い報告書や資料に類似する内容を課題とし、「環境・サステナビリティの分野の翻訳で活躍したい」方々のレベルアップにプロ翻訳者でもある講師が伴走します。
(2017年11月開講コースは受付を終了しました。2017/11/01)

言葉にまつわるエトセトラを募集中!

この単語の訳にいつも頭を悩ませる……よりよい英語表現が知りたい……
このブログで取り上げてほしいワードがあればこちらよりご連絡ください。

お名前
メールアドレス
取り上げてほしいワードなど

* 内容についてお問い合わせをする場合があります
* すべてへのお答えをお約束するものではありません
* CSR、サステナビリティ分野の内容を優先します

プライバシーポリシーに同意する