「ハードからソフトまで」 ~カタカナ語は気をつけて

2016 / 12 / 7 | 執筆者:Yukiko Mizuno

sendai framework

カタカナ語として定着している言葉には、そのまま英語に戻しても
意味が伝わりにくいものがあります。
「ハード」と「ソフト」もそんな言葉の仲間です。

例えば、コンピュータのハードウェアとソフトウェアを、日本語では
ハード、ソフトと言いますが、英語では略せずにhardware、softwareと言います。

防災などの国際協力の分野でも、ハード面での支援、ソフト面での支援という形で
この二つの言葉はよく使われます。一般的に、ハードは機材や施設の支援を指し、
ソフトは教育訓練や技術指導、法律や制度の整備などの協力を指します。
こうした場合のハード、ソフトの英語表現には、以下のような例があります。

structural and non-structural measures
構造物対策(ハード施策)及び非構造物対策(ソフト施策)

(出所:仙台防災枠組 2015-2030(英文仮訳))

ほかに、ハード、ソフトという表現にこだわらず、具体的な支援内容を記載する
(例えばソフトという代わりに、technical assistance servicesと表す)場合も
あるようです。

——*——-*——-*——-*——-*——-*——-*——-

さて、環境・エネルギー分野の翻訳では、どちらかというと堅めの文章を扱うことが
多いのですが、一般の読者を想定した、柔らかい文書と向き合うこともあります。
これもハード系とソフト系、と言えるかもしれません。
原文に合った語彙や文体を駆使できるよう、言葉の引き出しを
増やしていくことが大切だと感じています。

先日、海外の友人が旧友との再会に際して、こんな表現を使っていました。
“We both can talk the legs off an iron chair!”
その後の文脈で想像はついたのですが、念のため調べてみると
オーストラリアのスラングで、長話をするという意味のようです。
何時間でも話せる、話は尽きない、という感じでしょうか。
いつどこで役に立つか分かりませんが、こんな会話の中の一言にも
表現のヒントは隠れています。

今年もあと数週間。年末年始は、頭を柔らかくして、
新しい言葉や知識を吸収する時間も持ちたいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

翻訳トレーニング講座 受講者募集中!

あと少しでお仕事ができるという方の成長をサポートする翻訳講座 「サステナビリティ翻訳トレーニング」。 実際にご依頼いただくことの多い報告書や資料に類似する内容を課題とし、 「環境・サステナビリティの分野の翻訳で活躍したい」方々の レベルアップにプロ翻訳者でもある講師が伴走します。