Abbreviations(略語)を考える

2016 / 9 / 26 | 執筆者:Yukiko Mizuno

AbbreviationPhoto by Martin Abegglen

翻訳の資料を読んでいるとさまざまな略語に出会います。
英文スタイルのガイドラインChicago Manual of Styleでは、
abbreviations(略語)の種類について、
以下のように説明しています。

Acronym: Terms based on the initial letters of their various elements
and read as single words (AIDS, laser, NASA, scuba).

Initialism: Terms read as a series of letters (AOL, NBA, XML).

いずれも英和辞典では「頭字語」、「頭文字語」などとなっていますが、
いくつかの単語の頭文字を並べたときに、それ自体が単語のように
「読める」ものがacronym、読めないものはinitialismです。
Abbreviationには上記以外にもcontraction(短縮)があり、これは
一つの単語の最初の文字と後の文字を組み合わせたものです
(例:Mister → Mr. amount → amt.)。

なお、このような定義はあるものの、英語のサイトを見ると
実際にはabbreviationとacronymは同義で使われることも多いようです。

さて、今回読んでいた資料で気になったのは、こうした略語が日本語の文章に
出てくる場合の扱いかたです。英語では略語が表すものが複数の場合には
小文字のsが付きます。例えば、

LDCs: Least Developed Countries
ILCs: Indigenous and Local Communities

こうした略語を日本語の文書で扱う場合、小文字のsは付けずにLDC、ILCと
記載するのが一般的ですが、意識して見ると、そうでない場合もあります。
例えば、国際社会の共通目標であるミレニアム開発目標(MDGs)と
持続可能な開発目標(SDGs)を政府系のサイトで確認すると、
どちらも小文字のsが付いています。
(SDG指標、SDGベースなどの熟語の場合には、通常sは付きません。)

http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/doukou/mdgs.html
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/about/doukou/page23_000779.html

MDGsは8つの貧困対策目標を土台としたものであり、SDGsは17の目標項目から
なります。しかし日本語で「目標」というと、それが一つの目標なのか、
複数の目標なのかがはっきりしません。略語のsを付けることで「複数の目標がある」
ということが明示できます。

日本語の文章に出てくる英語の略語に小文字のsを付けるか、付けないか。
今回調べた限りでは明確な定義は見つかりませんでしたが、
「複数だということを明確に伝える必要があるか」という点を
一つの基準にしてもよいかもしれません。

このエントリーをはてなブックマークに追加

翻訳トレーニング講座 受講者募集中!

あと少しでお仕事ができるという方の成長をサポートする翻訳講座「サステナビリティ翻訳トレーニング」。実際にご依頼いただくことの多い報告書や資料に類似する内容を課題とし、「環境・サステナビリティの分野の翻訳で活躍したい」方々のレベルアップにプロ翻訳者でもある講師が伴走します。
(2017年11月開講コースは受付を終了しました。2017/11/01)

言葉にまつわるエトセトラを募集中!

この単語の訳にいつも頭を悩ませる……よりよい英語表現が知りたい……
このブログで取り上げてほしいワードがあればこちらよりご連絡ください。

お名前
メールアドレス
取り上げてほしいワードなど

* 内容についてお問い合わせをする場合があります
* すべてへのお答えをお約束するものではありません
* CSR、サステナビリティ分野の内容を優先します

プライバシーポリシーに同意する