Sustained and sustainable

2016 / 5 / 11 | 執筆者:Yukiko Mizuno

sustainedPhoto by U.S. Department of Agriculture

以前にこのブログで、2015年9月の国連持続可能な開発サミットで採択された
「我々の世界を変革する:持続可能な開発のための2030アジェンダ」
Transforming for Our World: The 2030 Agenda for Sustainable Development
について採り上げました。

この文書で、sustained, inclusive and sustainable economic growth
という表現が数回使われています。
(sustainableとsustainedの順が逆になっているところもあります。)

持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals: SDG)の文章なので、
sustainable(持続可能な)が重要語として使われるのは当然なのですが、
そこにsustained(持続的な)という言葉が重なっているのが気になり、
背景を調べてみました。

経済の長期的な成長、成長の維持を表すのがsustained growthという表現です。
経済の長期的な成長は、SDGの前身であるミレニアム開発目標(MDG)の達成において、
貧困削減などの面で貢献したとされています。

さて、膨大な議論を経て採択されたアジェンダでは、このsustainedに加えて
sustainableという言葉が経済成長のあり方を説明する言葉として使われています。
Sustained and sustainable economic growth
=「環境の持続可能性を損なわない形で経済成長が維持される
という意味になるかと思います。

Sustainableが「持続可能な開発」という大きな概念にとどまらず、
より直接的に経済成長を形容する言葉として使われているところに意味があります。
SDGを達成するには、経済が長期的に成長するだけでは十分でなく、
経済成長が環境の持続可能性を犠牲にするものであってはならないのだという点が
強調されているのです。

国際文書は多数の国や団体による長い交渉を経て策定されるものなので、
明確な意思をこめて、選ばれて使われている言葉も少なくありません。
難解な文章も多い中で、そうした言葉を見逃さず、分かりやすく
伝えることができるように、言葉に対する感度を磨いていきたいと思います。

(参考サイト)
http://www.un.org/en/development/desa/news/policy/valuing-the-environment.html
https://sustainabledevelopment.un.org/content/documents/2078Draft%20Issue%20Brief_Sustained%20and%20Inclusive%20Economic%20Growth_Final_16Oct.pdf

このエントリーをはてなブックマークに追加

翻訳トレーニング講座 受講者募集中!

環境やサステナビリティの分野を専門とする翻訳を志す方の成長をサポートする翻訳講座「サステナビリティ翻訳トレーニング」。実際にご依頼いただくことの多い報告書や資料に類似する内容を課題とし、受講者の方のレベルアップにプロ翻訳者でもある講師が伴走します。
※ 受講のお申し込み受付を終了しました(2018/10/31)。

言葉にまつわるエトセトラを募集中!

この単語の訳にいつも頭を悩ませる……よりよい英語表現が知りたい……
このブログで取り上げてほしいワードがあればこちらよりご連絡ください。

お名前
メールアドレス
取り上げてほしいワードなど

* 内容についてお問い合わせをする場合があります
* すべてへのお答えをお約束するものではありません
* CSR、サステナビリティ分野の内容を優先します

プライバシーポリシーに同意する