英語版レポート制作:文字溢れを防ぐ!<その2>

2016 / 3 / 2 | 執筆者:Masako Maeda

report
前回は、「固有名詞の短縮」をご提案しました。
しかし、和文の情報を余さず拾う逐語訳をしていては限界があります。
そこで、次のご提案です。

●繰り返しを避ける

ある物事の重要性を強調するために、同様の記述が
レポート全体を通して繰り返されることはよくあります。

翻訳では、原文に「足さない、引かない」が基本とされますが、
レイアウトの制約を受ける場合、情報の整理が必要になることもあります。
また、前後の流れを考慮し、重複する情報をそぎ落とすことで、
より読みやすい英文になるというメリットもあります。

例えば、「製品のライフサイクル全体での環境負荷低減」について
述べられたセクションで、この文言が繰り返し登場する場合、
2回目以降は簡潔に表現します。

reducing environmental impacts across the entire product life cycle
reducing impacts throughout the life cycle
reducing impacts

このように、表現の繰り返しや文脈から自明の事実については、
割愛や簡潔な言い換えを検討します。

●始めから和文と同じ長さの英文を作る

「固有名詞の短縮」や「必要に応じた情報整理」を行ったうえで、
「和文と同じ長さの英文」をはじめから意識して作ります。

段落ごとに和文と英文の長さを確認し、可能な限り同じ分量に収めます。
文字溢れの恐れがある場合は文単位で
「すべての情報を含むパターン」と「簡潔なパターン」の両方を示し、
原文に含まれる「割愛/簡略化が可能な情報」を探ります。

次の例で、カッコで括った部分の情報は同じページの別の箇所に説明があるため、
「簡潔なパターン」を採用して和文の長さに近づけます。

原文:
(国内外でXXを展開する)国内XX事業と海外XX事業、および(その他のブランドを展開する)グローバルブランド事業があります。

すべての情報を含むパターン:
Its business comprises three major segments: XX Japan and XX International, (which manage the XX brand worldwide,) and Global Brands, (a collection of other brands).

簡潔なパターン:
Its business comprises three major segments: XX Japan, XX International, and Global Brands.

原文の長さを常に意識し、その真意を確実にとらえ、
「本当に必要な情報」だけを簡潔に表現する。
簡単ではありませんが、心がければ英文の引き締めは可能です。

要点をおさえた文章をすっきりとレイアウトに収め、
読者の興味を離さないレポートをぜひ完成させましょう!

Photo by GotCredit

このエントリーをはてなブックマークに追加

翻訳トレーニング講座 受講者募集中!

環境やサステナビリティの分野を専門とする翻訳を志す方の成長をサポートする翻訳講座「サステナビリティ翻訳トレーニング」。実際にご依頼いただくことの多い報告書や資料に類似する内容を課題とし、受講者の方のレベルアップにプロ翻訳者でもある講師が伴走します。

言葉にまつわるエトセトラを募集中!

この単語の訳にいつも頭を悩ませる……よりよい英語表現が知りたい……
このブログで取り上げてほしいワードがあればこちらよりご連絡ください。

お名前
メールアドレス
取り上げてほしいワードなど

* 内容についてお問い合わせをする場合があります
* すべてへのお答えをお約束するものではありません
* CSR、サステナビリティ分野の内容を優先します

プライバシーポリシーに同意する