改めて、日本語の作文技術

2016 / 1 / 9 | 執筆者:Futakuchi Kazuko

エコネットワークスの創設以来、お仕事をお願いしている翻訳者さんに
10年ぶりにお会いする機会がありました。
当社の翻訳トライアルの審査員もお願いしている方です。

私が金沢に戻る新幹線のホームまで同行くださり、
積もる話をしていたときに、ふと思い立って

「日本語の勉強をされた事はありますか? 」

と、お聞きしました。ちょっと間があって、

「受験勉強ぐらいですけれども?? 」

とのお返事。日本語ネイティブの方ですから、当然といえば当然の反応です。

「いつもわかりやすい訳文に仕上げてくださるので
何か秘訣があるのなら教えていただきたい、と思いまして」

と、話すと、↓この本の話が。

日本語の作文技術

 

 

 

 

 

 

 

<新版>日本語の作文技術
本多勝一 著

ずいぶん前、まだ翻訳を勉強中の頃、翻訳講座を受けた際に、
講師の方からこの本を勧められ読んでみたところ、腑に落ちる学びがたくさんあり、
今でもその時覚えた原則が役に立っているんですよね、と。

やっぱり、読んでいましたか! と納得しました。

特におすすめなのは、修飾する側とされる側の位置づけや、修飾語の順序の4つの原則。

例えば、 1つ目の原則「節を先に、句を後に」の説明では、以下の6つの例が挙げられています。

1.白い横線の引かれた厚手の紙
2.厚手の横線の引かれた白い紙
3.白い厚手の横線の引かれた紙
4.横線の引かれた白い厚手の紙
5.横線の引かれた厚手の白い紙
6.厚手の白い横線の引かれた紙

「紙」を修飾する3つの言葉を、どの順序で置くのが最も分かりやすいでしょうか。





4と5以外は一瞬、「白い横線?」「厚手の横線?」と
この部分が修飾と被修飾の関係にあるように、読めませんか?
(厚手の横線は、すぐおかしいとわかりますが。)

「横線が引かれた」という節(clause)を前に
「白い紙」「厚手の紙」と言う句(phrase)を後に置くと
そのような誤解はないと、本書にあります。

その他にも、句読点の打ち方など、中学生以上の方に読んでいただきたい、
日本語を書く上での原則が体系的にまとまっています。
良い例と悪い例を挙げてあるので、わかりやすい!

チェック業務ではもちろんですが、
翻訳専門学校フェロー・アカデミーの講座の講師としても
さまざまな訳文を読む機会があります。
以前の講座で「明快な訳文だな」と思う方も、やはりこの本を読んでいました。

明快な訳文とは、「誰が何をどうする」といった文の構造が一度で理解でき、
すっと読める、つまり戻って確認する必要がないものです。

昨年12月に文字が大きくなった新版が出たので、再度購入しました。
「日本語の教科書」と呼びたい、古くて新しい1冊です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

翻訳トレーニング講座 受講者募集中!

あと少しでお仕事ができるという方の成長をサポートする翻訳講座「サステナビリティ翻訳トレーニング」。実際にご依頼いただくことの多い報告書や資料に類似する内容を課題とし、「環境・サステナビリティの分野の翻訳で活躍したい」方々のレベルアップにプロ翻訳者でもある講師が伴走します。
(2017年11月開講コースは受付を終了しました。2017/11/01)

言葉にまつわるエトセトラを募集中!

この単語の訳にいつも頭を悩ませる……よりよい英語表現が知りたい……
このブログで取り上げてほしいワードがあればこちらよりご連絡ください。

お名前
メールアドレス
取り上げてほしいワードなど

* 内容についてお問い合わせをする場合があります
* すべてへのお答えをお約束するものではありません
* CSR、サステナビリティ分野の内容を優先します

プライバシーポリシーに同意する