ジェンダーとことば~時代の変化とともに

2015 / 12 / 11 | 執筆者:Futakuchi Kazuko

pencils
翻訳を仕事としていると、英英辞典をよく使います。
著者の年齢やトピックの時代背景によって、
同じ言葉でも意味が違ってくることがあるからです。

2015年6月と9月にOxford English Dictionary(OED)が改訂となり、
6月には約500の新しい言葉が追加され、900以上の言葉が改訂・更新され
9月には、また新たな言葉が何百と追加になりました。

6月の改訂のプレスリリース
では、グローバルな英語や
ジェンダー・アイデンティティーに関するが言葉が
今回の改訂の特徴として取り上げられています。

そんな話を、翻訳仲間でもある友人と話していたところ、
通訳を担当するので、と10月にアムネスティインターナショナルが主催する
スピーキングツアー「自分らしい性を生きる~LGBTIの「私」が命をかける理由~」
を教えてもらい、参加しました。

そういえば、ニュースなどで情報は得ていても、
当事者の方からお話を聞いたことがないと思ったからです。

南アフリカで活動を展開しているファドツァイ・ミュパルツァさんは
差別や暴力、低年齢での強制結婚などをなくそうと、被害者を支援したり、
差別的な法の改正に携わったり、被害者を保護するシェルターの役割を果たす
団体とも連携を取るなど、まさに奔走しています。

ファドツァイさんは、自分はクィアだと言うことが
今はしっくりくる(comfortable)そうです。

当日配布された資料に、LGBTI(Q)の説明があり、
最近新たな意味で使われるようになった「Q」の解説がありました。

クィア(queer)
多数派とみられる性の規範から外れる人
クエスチョニング(questioning)
自らの性のあり方について、明確なアイデンティティを持っていない、
あるいはより前向きに持たない人。

OEDのqueerのセクションでは、
インフォーマルな意味として、
2.1に上記の内容が書かれています。

用法を見ると、19世紀、異性愛者が同性愛者を侮蔑的に呼ぶ言葉でしたが、
1980年代にゲイの人々がポジティブな意味合いで使い始め、
現在はさらに広い意味で、上記の様に使われるようになったとあります。

そして、私たちが暮らしている現代の2015年、
自らのセクシャル・アイデンティティを人に伝える際に
多数派とは違うそれぞれのジェンダー・アイデンティティ LGBTI と、
それを1つにまとめる Q のどちらもが、使われています。
かっこでくくって後ろに置かれているのも、そういう理由からですね。

今まさに変わりつつある言葉に触れて、
それを仕事としている自分は、大げさに言えば時代の証人の心持ちがします。

日本のダイバーシティや女性活躍推進の文脈でよく
「男女の違いに関わりなく管理職に」といったフレーズを見ますが、
もうそろそろ「すべての従業員が管理職に」と
表現する時代が来ているように思います。

(つづく)

Photo by lisamikulski

このエントリーをはてなブックマークに追加

翻訳トレーニング講座 受講者募集中!

あと少しでお仕事ができるという方の成長をサポートする翻訳講座 「サステナビリティ翻訳トレーニング」。 実際にご依頼いただくことの多い報告書や資料に類似する内容を課題とし、 「環境・サステナビリティの分野の翻訳で活躍したい」方々の レベルアップにプロ翻訳者でもある講師が伴走します。