「地域共生」を英語でいうと?

2015 / 7 / 24 | 執筆者:Masako Maeda

Hike

「地域共生」、サステナビリティ関連の翻訳をしていると
しばしば目にする言葉です。

どのような文脈で登場するのかというと、まず企業のCSR活動。
たとえば、「地域共生」を考え方の中心に据えた
CSR活動を展開している大和ハウスでは、
「地域社会の課題を把握し、地域組織・NPO等と協働しながら、
課題の解決や地域社会の持続的発展に貢献していく」
と謳っています(『大和ハウスグループCSRレポート2014』より)。

環境問題や社会問題との関連では、
成田空港地域共生・共栄会議」のような組織があります。
同組織では「共に生き、共に栄える」を理念として、
空港からの「マイナスの影響をできるだけ減らす(共生)」こと、
そのうえで空港がもたらす「プラスの影響を活かす(共栄)」こと
を目指しています。

また最近では、「地域共生ステーション」や「地域共生センター」と
名付けられた施設が各地で増えています。
福祉サービスを提供する施設から大学附属の施設まで
いろいろありますが、地域の課題解決や住民・組織との交流を
目的としている点では共通しているようです。

さて、この「地域共生」。
英語ではどのように表現すればよいでしょう?

「共生」を辞書で引くと、coexistenceやsymbiosisといった言葉が出てきます。
Oxford Dictionariesでは、それぞれ次のように定義しています。

coexistence (n.):
Exist at the same time or in the same place;
(Of nations or peoples) exist in mutual tolerance despite different ideologies or interests

symbiosis (n.):
Interaction between two different organisms living in close physical association, typically to the advantage of both;
A mutually beneficial relationship between different people or groups

なるほど、これを見ると
coexistenceは「相反する利益・関心をもつもの」、
symbiosisは「互恵的な関係をもつもの」
が共在するニュアンスがあるようです。

では、ネイティブの訳例を見てみましょう。
以下のフレーズはすべて、「地域共生」にあたる訳として
実際に現場で使用したものです。
– community involvement
– for community benefit / benefit the community
– giving back to the community
– building connections/relationships with the community
– connecting with the community
– getting involved with the community
– being a good corporate citizen
– open and useful to surrounding communities

ちなみに、symbiosis、coexistの二語も使用しましたが、
coexistの場合、
”coexist in harmony with…”や”coexist harmoniously”
のように修飾語とともに用いました。

翻訳において用語や表現の統一は重要ですが、
固有名詞または特別な指定がない限り、
意図的に訳し分けることで
その言葉に対する読者のイメージが喚起される
というメリットがあります。

文脈に即したバリエーション豊かな表現で、
読者を引き込む訳を目指したいですね!

Photo by Amy

このエントリーをはてなブックマークに追加

翻訳トレーニング講座 受講者募集中!

あと少しでお仕事ができるという方の成長をサポートする翻訳講座「サステナビリティ翻訳トレーニング」。実際にご依頼いただくことの多い報告書や資料に類似する内容を課題とし、「環境・サステナビリティの分野の翻訳で活躍したい」方々のレベルアップにプロ翻訳者でもある講師が伴走します。
(2017年11月開講コースは受付を終了しました。2017/11/01)

言葉にまつわるエトセトラを募集中!

この単語の訳にいつも頭を悩ませる……よりよい英語表現が知りたい……
このブログで取り上げてほしいワードがあればこちらよりご連絡ください。

お名前
メールアドレス
取り上げてほしいワードなど

* 内容についてお問い合わせをする場合があります
* すべてへのお答えをお約束するものではありません
* CSR、サステナビリティ分野の内容を優先します

プライバシーポリシーに同意する