縦割主義―組織論の「タテ」

2015 / 4 / 9 | 執筆者:Futakuchi Kazuko


Photo by Doc Searls

日本語を英語に翻訳することを「縦のものを横にする」とよく言いますが、今回は「タテ」をうまく表す「ヨコ」の表現を見つけました。

「縦割主義」は、分断された組織について使われ、直訳 vertical (垂直な)を用いて、例えば vertically-divided organization (縦割りの組織)と表現することもできます。

しかし、もっとインパクトのある簡潔な表現はないだろうか。
日頃からそう思っていたところ、先月の翻訳で、海外の文化を反映した表現を知りました。

それは silo mentality(サイロ思考)です。

サイロとは、小麦やトウモロコシなどの穀物、家畜の飼料を貯蔵する建物。(上の写真がそうです。)細く背の高いその中に、乾燥トウモロコシなどがいっぱい詰まっていて、窓もありません。大規模農業を営む欧米で見かけ、日本ではあまりなじみのないサイロですが、テレビのドキュメンタリーや映画で時々見かけます。

Oxford Learner’s Dictionary にも、4番目に
a system, process, department, etc. that operates separately or is thought of as separate from others
とあり、比喩的に用いられることがわかります。

組織の中で他の部門と情報を共有しない。
組織全体よりも、自分の部門の業務、利益や課題に対してのみ取り組む。
そのような閉塞感を、ズバリ言い表していませんか?

次回は、「ヨコ」の表現についてお知らせします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

翻訳トレーニング講座 受講者募集中!

あと少しでお仕事ができるという方の成長をサポートする翻訳講座「サステナビリティ翻訳トレーニング」。実際にご依頼いただくことの多い報告書や資料に類似する内容を課題とし、「環境・サステナビリティの分野の翻訳で活躍したい」方々のレベルアップにプロ翻訳者でもある講師が伴走します。
(2017年11月開講コースは受付を終了しました。2017/11/01)

言葉にまつわるエトセトラを募集中!

この単語の訳にいつも頭を悩ませる……よりよい英語表現が知りたい……
このブログで取り上げてほしいワードがあればこちらよりご連絡ください。

お名前
メールアドレス
取り上げてほしいワードなど

* 内容についてお問い合わせをする場合があります
* すべてへのお答えをお約束するものではありません
* CSR、サステナビリティ分野の内容を優先します

プライバシーポリシーに同意する