articulate = 「明言する」

2014 / 7 / 5 | 執筆者:Futakuchi Kazuko


Photo by William Warby

現代の企業は、その事業活動が環境に与える影響を改善するため、 3~5年といった周期で目標を設定→達成に向けて実行→実績の確認→さらなる改善を行っています。そのPDCAサイクルの最初の部分の英訳で、はっとする表現に出合いました。

「XX環境宣言を具現化する」をあなたならどう英訳するでしょうか。

put into practice the XX Environmental Statement

これでも、決して間違いではありません。しかし、レポートの冒頭でその企業の目指す方向性や確固たる意志を述べる部分で、例えば次のように書かれていたら、どうでしょうか。

put into practice the principles articulated in the XX Environmental Statement

この英文を逆に日本語へ翻訳すると「XX環境宣言に明言された方針を具現化する」でしょうか。「有言実行」という言葉が頭に浮かびます。

articulate(動詞)は「はっきりと発音する to speak clearly 」 「(考えなどを)明瞭に/効果的に表現する to make clear or effective」。この動詞が入ると英文に動きとエネルギーが生まれるように感じます。何十ページもある報告書を読み込んでもらうためには、このようなちょっとした、でも効果的な英訳が必要ですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

翻訳トレーニング講座 受講者募集中!

あと少しでお仕事ができるという方の成長をサポートする翻訳講座「サステナビリティ翻訳トレーニング」。実際にご依頼いただくことの多い報告書や資料に類似する内容を課題とし、「環境・サステナビリティの分野の翻訳で活躍したい」方々のレベルアップにプロ翻訳者でもある講師が伴走します。
(2017年11月開講コースは受付を終了しました。2017/11/01)

言葉にまつわるエトセトラを募集中!

この単語の訳にいつも頭を悩ませる……よりよい英語表現が知りたい……
このブログで取り上げてほしいワードがあればこちらよりご連絡ください。

お名前
メールアドレス
取り上げてほしいワードなど

* 内容についてお問い合わせをする場合があります
* すべてへのお答えをお約束するものではありません
* CSR、サステナビリティ分野の内容を優先します

プライバシーポリシーに同意する