省エネ法―正式名称と通称

2014 / 6 / 10 | 執筆者:Futakuchi Kazuko


Photo by umjanedoan

日本の法律の英語名称は、法務省の日本法令外国語訳データベースシステムでまずチェックします。しかし、例えそこで探していた法律の英語版を見つけられたとしても、翻訳で使用するかどうかは、考える必要があります。

サイトに「なお、これらの翻訳は公定訳ではありません。法的効力を有するのは日本語の法令自体であり、翻訳はあくまでその理解を助けるための参考資料です。」とあるのです。では、どうしたら良いか? 大手のニュースメディアでどのように使われているかをチェックします。具体的にはJapan Timesや日本の新聞社の英語記事、また海外のニュースメディアもチェックします。

しかし、どのようなキーワードで検索するかが、次のハードルになります。我が社では翻訳者さんが「こちらの英語名称の方が、よく使われているよ」と、情報を提供してくれるので、大変助かっています。

先日も、「エネルギーの使用の合理化に関する法律」、通称「省エネ法」の英語名称の統一でチーム内で確認し合いました。先に述べた法務省のデータベースシステムでは、“Act on the Rational Use of Energy”となっています。

しかし、そもそも日本語の正式名称があまり使われておらず、もっぱら「省エネ法」が使われています。この法律はたびたび改正されており、企業などは「改正省エネ法」に基づいて事業計画を立案しているからでしょう。つい最近では昨年改正されました。

国際エネルギー機関(IEA)で「省エネ法」の英語名称であるEnergy Conservation Actが使われていましたので、簡潔でわかりやすいこちらを翻訳で採用することにしました。細かいことですが、実際の翻訳で使用する場合は、the Energy Conservation Actと頭にtheをつけます。そして、 2005年改正省エネ法は 2005 Revised Energy Conservation Act となります。

現在、大きなレポートの完成に向けて、スケジュールとにらめっこの日々ですが、そんな中でも、立ち止まってこのような見直しに付き合ってくれるチームメンバーに感謝しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

翻訳トレーニング講座 受講者募集中!

あと少しでお仕事ができるという方の成長をサポートする翻訳講座「サステナビリティ翻訳トレーニング」。実際にご依頼いただくことの多い報告書や資料に類似する内容を課題とし、「環境・サステナビリティの分野の翻訳で活躍したい」方々のレベルアップにプロ翻訳者でもある講師が伴走します。
(2017年11月開講コースは受付を終了しました。2017/11/01)

言葉にまつわるエトセトラを募集中!

この単語の訳にいつも頭を悩ませる……よりよい英語表現が知りたい……
このブログで取り上げてほしいワードがあればこちらよりご連絡ください。

お名前
メールアドレス
取り上げてほしいワードなど

* 内容についてお問い合わせをする場合があります
* すべてへのお答えをお約束するものではありません
* CSR、サステナビリティ分野の内容を優先します

プライバシーポリシーに同意する