英訳に使える動詞: boost, bolster, underpin

2013 / 12 / 26 | 執筆者:Futakuchi Kazuko

海外の記事や、英訳の案件をチェックをしている際に「動詞の使い方がうまいなぁ」と感心することがあります。例えば、こちらの記事のboost。

Creative industries boost economies and development, shows UN Report
http://www.unesco.org/new/en/media-services/in-focus-articles/creative-industries-boost-economies-and-development-shows-un-report/
boostは、目的語を伴って「~が増えたり良くなったりするのに役立つ、そうなるのを励ます」の意味です。上の記事では「後押しする」ぐらいでしょうか。
http://www.oxforddictionaries.com/definition/american_english/boost?q=boost

同じような意味の単語で、bolsterもあります。bolsterも目的語を伴って「~を支える、強化する、てこ入れする」の意味で、economy, currency, market, businessesなどを目的語としている英文が見られ、CSRレポートで使えます。
http://www.oxforddictionaries.com/definition/american_english/bolster

また、 CSRレポートなどで「われわれのCSR活動の基盤となる方針」といった表現がありますが、動詞underpinを使うと、The Policies that underpin our CSR activities と、非常に簡潔に表現することができます。
underpinも他動詞。「~を支持する、~(が正しいこと)の論拠となる、~の基盤となる」の意味で使われます。
http://www.oxforddictionaries.com/definition/american_english/underpin?q=underpin

こうして、気づいたときにメモしておかないと、どんどん忘れるんですよね。1年の振り返りをしながら、仕事で得た知識をせっせと書いています。 2014年の仕事に生かせますように!

このエントリーをはてなブックマークに追加

翻訳トレーニング講座 受講者募集中!

あと少しでお仕事ができるという方の成長をサポートする翻訳講座「サステナビリティ翻訳トレーニング」。実際にご依頼いただくことの多い報告書や資料に類似する内容を課題とし、「環境・サステナビリティの分野の翻訳で活躍したい」方々のレベルアップにプロ翻訳者でもある講師が伴走します。
(2017年11月開講コースは受付を終了しました。2017/11/01)

言葉にまつわるエトセトラを募集中!

この単語の訳にいつも頭を悩ませる……よりよい英語表現が知りたい……
このブログで取り上げてほしいワードがあればこちらよりご連絡ください。

お名前
メールアドレス
取り上げてほしいワードなど

* 内容についてお問い合わせをする場合があります
* すべてへのお答えをお約束するものではありません
* CSR、サステナビリティ分野の内容を優先します

プライバシーポリシーに同意する