誰が主役かを伝えるために

2013 / 11 / 22 | 執筆者:二口 芳彗子 Kazuko Futakuchi

英文のチェックをしていると、ほんのちょっとしたことなのですが、その翻訳者さんならではの細やかな配慮を感じることがあります。

下記のような英文は、どのように訳しますか。

A社を含む50団体が、同原則を採択しています。

「~を含む」なので、日本文に忠実に訳出すれば、
50 organizations including A Company have adopted this principles.

となりますね。しかし、翻訳を依頼してくださったA社が文の中ほどに埋もれてしまいます。ある翻訳者さんは、以下のように訳出しました。
A company and 49 other organizations have adopted this principles.

A社が英文の先頭にきて和文と同じ思考回路で読んでいけます。

大きなボリュームの文書の翻訳をチェックする時に、和文と英文の数字だけを拾い、照合して行くチェックも行っています。その際に、この箇所では「ん??」と立ち止まって引き算をして確認しなければいけないので、チェッカー泣かせなのですが (^^; 、それでも私はこの英文の方がベターだと思います。私の経験では、ネイティブの翻訳者さんは必ずこのように訳出しています。

先日、このポイントをクライアントさまにお伝えしたところ、なるほど、と理解してくださいました。とてもうれしい瞬間でした。コーディネーターは、このような橋渡しをできることが醍醐味かもしれません。

このエントリーをはてなブックマークに追加

翻訳トレーニング講座 受講者募集中!

環境やサステナビリティの分野を専門とする翻訳を志す方の成長をサポートする翻訳講座「サステナビリティ翻訳トレーニング」。実際にご依頼いただくことの多い報告書や資料に類似する内容を課題とし、受講者の方のレベルアップにプロ翻訳者でもある講師が伴走します。

言葉にまつわるエトセトラを募集中!

この単語の訳にいつも頭を悩ませる……よりよい英語表現が知りたい……
このブログで取り上げてほしいワードがあればこちらよりご連絡ください。

お名前
メールアドレス
取り上げてほしいワードなど

* 内容についてお問い合わせをする場合があります
* すべてへのお答えをお約束するものではありません
* CSR、サステナビリティ分野の内容を優先します

プライバシーポリシーに同意する