dataに関する形容詞

2013 / 10 / 2 | 執筆者:Futakuchi Kazuko

Actual is not normal (a tribute to Edward Tufte)
Image by Kevin Dooley

複数の翻訳のチェックを同時進行で進めると、時々おもしろい発見があります。同じ単語が何度も繰り返し出てきて、これについて勉強しなさい、と言われているような気がするのです。

先週は、dataの形容詞でした。solid data と robust data です。

solidは「固体の」という意味が真っ先に浮かびますね。英英辞典を調べると、dependable という説明があります。solid evidence が使用例として挙げられていて、「信頼できる、確かな」という意味で使われています。

robustは、「(身体が)丈夫な、頑丈な」が第一義です。また、「(構造が、作りが)しっかりした」と言う意味でも使われ、robust dataは、IT分野で複数のセッティングで使用可能な強固なデータと言う意味が多いようです。チェック中の文書では「しっかりとした根拠のあるデータ」という意味合いで使われていました。

また、同じ文書で「最新データ」という意味でthe latest data、up-to-date dataという2種類の表現がありました。ちなみに、写真のactual, normalは、このグラフが使われている文脈をチェックする必要がありますが「実際」と「通常の、正常時の」でしょうか。

近いうちにこれらを使う場面があるのかなぁと思いながら、チェックを進めます。翻訳はとても地道、はっきり言って地味な仕事ですが、こういう楽しみがあって、続けられているように思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

翻訳トレーニング講座 受講者募集中!

あと少しでお仕事ができるという方の成長をサポートする翻訳講座「サステナビリティ翻訳トレーニング」。実際にご依頼いただくことの多い報告書や資料に類似する内容を課題とし、「環境・サステナビリティの分野の翻訳で活躍したい」方々のレベルアップにプロ翻訳者でもある講師が伴走します。
(2017年11月開講コースは受付を終了しました。2017/11/01)

言葉にまつわるエトセトラを募集中!

この単語の訳にいつも頭を悩ませる……よりよい英語表現が知りたい……
このブログで取り上げてほしいワードがあればこちらよりご連絡ください。

お名前
メールアドレス
取り上げてほしいワードなど

* 内容についてお問い合わせをする場合があります
* すべてへのお答えをお約束するものではありません
* CSR、サステナビリティ分野の内容を優先します

プライバシーポリシーに同意する