お客さまとのコミュニケーション

2013 / 8 / 27 | 執筆者:Futakuchi Kazuko

翻訳で用語や表現をお客さまと相談しながら決める時に、できるだけ3つほどの案を出すようにしています。一般的にはこれ、かっちりした表現の場合はこれ、カジュアルな表現の場合がこれ、といった具合です。その中で1番おすすめするのはこれということもお伝えします。

そのドキュメントが果たす役割や、対象読者を考えて提案します。その業界のプロとしてお客さまにも想いや意図があって、それをくみとって提案しようと心がけているのですが、「そうそう、こういう表現です!」と言っていただけることもあれば、「なんかちがう」と戻ってきて、再度提案することもあり、いわゆる生みの苦しみです。厳しいスケジュールの中でそのようなやりとりを繰り返し、最終的に納得いただける訳が出来上がった時は、本当にうれしいものです。

お客さまの向こうにいる読者に向けての翻訳をすることは、ひょっとしたら「余計なおせっかい」なのかもしれません。しかし実務翻訳では、翻訳に対する良い評価もその反対も、全てお客さまが一身に受けることになります。翻訳者や翻訳会社が前面に出る事はほとんどないからです。

それを考えると、やはりこのスタンスは変えてはいけないように思っています。実務翻訳を志してはや18年。生みの苦しみを共にしたお客さまに、繰り返しご用命いただけていることが、その背中を後押ししてくれます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

翻訳トレーニング講座 受講者募集中!

あと少しでお仕事ができるという方の成長をサポートする翻訳講座「サステナビリティ翻訳トレーニング」。実際にご依頼いただくことの多い報告書や資料に類似する内容を課題とし、「環境・サステナビリティの分野の翻訳で活躍したい」方々のレベルアップにプロ翻訳者でもある講師が伴走します。
(2017年11月開講コースは受付を終了しました。2017/11/01)

言葉にまつわるエトセトラを募集中!

この単語の訳にいつも頭を悩ませる……よりよい英語表現が知りたい……
このブログで取り上げてほしいワードがあればこちらよりご連絡ください。

お名前
メールアドレス
取り上げてほしいワードなど

* 内容についてお問い合わせをする場合があります
* すべてへのお答えをお約束するものではありません
* CSR、サステナビリティ分野の内容を優先します

プライバシーポリシーに同意する