ally=「アライ」

2013 / 7 / 8 | 執筆者:Futakuchi Kazuko

翻訳を仕事としていると、初めて耳にする言葉や
最近広まっている言葉に関心が行きます。

先日の朝日新聞の「記者有論」で
「アライ」と言う言葉について触れていました。英語ではally。

LGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル=両性愛者、
トランスジェンダー=性同一性障害者など)を支援するLGBT以外の人を指します。
「同盟者」を意味する英語が語源で、翻訳されず
「アライ」と言う英語の発音のまま、使われています。

電通総研の2012年の調査では、成人男性約7万人中LGBTは5.2%で、
セクシャルマイノリティと言われるように、社会では少数派となります。

これまではその少数派とそれ以外の人々だったわけですが、
「それ以外の人々」の中でアライとアライでない人々が生まれています。
多様な性を理解しようとする動きが生まれているのです。

法律や税金制度などが、異性同士の結婚を前提に規定されていますが、
最近では同性婚を合法とする国や州が欧米に増えつつあり、
理解しようとする思いが、形になりつつあるのを実感しています。
フランスで同性婚合法化法が成立、世界で14か国目 (AFPBB Newsより)

言葉は何かを区別するために生まれてきているのではないかと、時々思います。
社会の中で新しい動きが生まれ、それを伝えよう、それについて議論しようとする時、
何らかの名前を与える必要が出てくるからです。

新しい動きも、それに続く次の新しい動きが生まれたら、
当初の言葉は風化し、やがて消えてゆくでしょう。

また、ジェンダー・アイデンティティーのように
その言葉を使うことで立場が明確になり、
人が生きていきやすいのであれば、言葉は確立し、定着するでしょう。

翻訳やメディアの世界では、アライはアライのまま、使われていきそうです。
カタカナを使い過ぎたとしてNHKが訴えられましたが、
その言葉に独自性がある場合はそれを使うしかなく、
説明を添えて理解が広まるようにしていきたいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

翻訳トレーニング講座 受講者募集中!

あと少しでお仕事ができるという方の成長をサポートする翻訳講座「サステナビリティ翻訳トレーニング」。実際にご依頼いただくことの多い報告書や資料に類似する内容を課題とし、「環境・サステナビリティの分野の翻訳で活躍したい」方々のレベルアップにプロ翻訳者でもある講師が伴走します。
(2017年11月開講コースは受付を終了しました。2017/11/01)

言葉にまつわるエトセトラを募集中!

この単語の訳にいつも頭を悩ませる……よりよい英語表現が知りたい……
このブログで取り上げてほしいワードがあればこちらよりご連絡ください。

お名前
メールアドレス
取り上げてほしいワードなど

* 内容についてお問い合わせをする場合があります
* すべてへのお答えをお約束するものではありません
* CSR、サステナビリティ分野の内容を優先します

プライバシーポリシーに同意する