HAZMAT―hazardous material 危険性物質・危険物

2013 / 5 / 9 | 執筆者:二口 芳彗子 Kazuko Futakuchi

Tokyo Hazmat Incident - 6-10-08 - 2
By oceanaris

「HAZMAT」とは、「hazardous material(危険性物質・危険物)」の略語です。Merriam-Websterのオンライン辞書によれば、1980年から使われ始めたとのこと、かなり前からですね。でも、日本では知名度が低い印象です。

同義語として、hazardous substance(s)、また同義に使われることが多い用語として有害化学物質 hazardous chemical substance(s)があります。

関連法規でよく取り上げられるものに以下があります。

REACH規則
化学物質に関する「登録」 「評価」 「認可」及び「制限」に関するEUの規則(No 1907/2006)
http://ec.europa.eu/environment/chemicals/reach/reach_intro.htm
注:REACH: The Registration, Evaluation, Authorization and Restriction of Chemicalsの略称

環境省の「REACH関連情報」のページには、環境省による仮訳があります。

RoHS指令
電子・電気機器における特定有害物質の使用制限についてのEUの指令(2011/65/EU)
http://ec.europa.eu/environment/waste/rohs_eee/
注:RoHS: Restriction of Hazardous Substances の略称。一般的にローズと読みます。

ELV指令
使用済み自動車が環境に与える負荷を低減するためのEUの指令(2000/53/EC)
http://ec.europa.eu/environment/waste/elv_index.htm
注:ELV: End-of Life Vehicles(使用済み自動車)の略称

仕事で出会った「これは!」という用語は、関連情報も含めてまとめておくと便利です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

翻訳トレーニング講座 受講者募集中!

環境やサステナビリティの分野を専門とする翻訳を志す方の成長をサポートする翻訳講座「サステナビリティ翻訳トレーニング」。実際にご依頼いただくことの多い報告書や資料に類似する内容を課題とし、受講者の方のレベルアップにプロ翻訳者でもある講師が伴走します。
※ 受講のお申し込み受付を終了しました(2018/10/31)。

言葉にまつわるエトセトラを募集中!

この単語の訳にいつも頭を悩ませる……よりよい英語表現が知りたい……
このブログで取り上げてほしいワードがあればこちらよりご連絡ください。

お名前
メールアドレス
取り上げてほしいワードなど

* 内容についてお問い合わせをする場合があります
* すべてへのお答えをお約束するものではありません
* CSR、サステナビリティ分野の内容を優先します

プライバシーポリシーに同意する