shale gas = シェールガス

2012 / 12 / 17 | 執筆者:EcoNetworks

みなさんは、「Shale Gale(シェール旋風)」という言葉をご存知でしょうか? 石油に代わる資源としてにわかに注目されているシェールガス。すでに、米国内でのガスの増産と大幅な値下がりが起きており、米シティグループのエネルギー専門家、エド・モースは「2017年までに、米国は天然ガスの純輸出国に転換する」と述べています。(朝日新聞GLOBE 2012年11月4日号より)

シェールガス
http://ja.wikipedia.org/wiki/
%E3%82%B7%E3%82%A7%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%AC%E3%82%B9

そのほかの天然ガスの呼称として、最近目にしたのが「炭層ガス」。英語ではCoalbed methane(CBM)、オーストラリアではコールシームガス(Coal seam gas、CSG )とも呼ばれ、日本の文献では炭層メタンと表される、とのこと。

コールベッドメタン
http://ja.wikipedia.org/wiki/
%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%99%E3%83%83%E3%83%89%E3%83%A1%E3%82%BF%E3%83%B3

エネルギーの多様化が音を立てて進んでいる感があります。それに合わせて情報を取っていき、業務に生かしたいと考えます。

気になったのは、採掘技術として用いられている「水圧破砕」で使用する水に含まれる薬品の中に、発がん性物質があり、ひび割れからそれらが地下水に漏れる危険性がある、と開発に反対する声があがっていること。そのエネルギーを取り巻く社会の状況も合わせて調べておくことで、エネルギー問題を包括的に理解する一助となります。翻訳のご依頼があるとすれば、開発推進、反対の立場で書かれた文書、あるいは調査書などが考えられ、単語の選択にこのような知識が役立ちます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

翻訳トレーニング講座 受講者募集中!

あと少しでお仕事ができるという方の成長をサポートする翻訳講座 「サステナビリティ翻訳トレーニング」。 実際にご依頼いただくことの多い報告書や資料に類似する内容を課題とし、 「環境・サステナビリティの分野の翻訳で活躍したい」方々の レベルアップにプロ翻訳者でもある講師が伴走します。