quota=「割当」ですが…

2012 / 6 / 7 | 執筆者:Futakuchi Kazuko

このところ、少し(というか、かなり)専門的な話になってますが、今回は、翻訳は「動詞+目的語」のセットで考える、という王道を改めて思い出した一件だったので、ご紹介しますね。

quotaですが、みなさんならまず、どんな訳語が浮かびますか? 通常、温暖化の文章でquotaとでてきたら「割当」です。先日、ご用命いただいた英日翻訳は、排出量取引に関する資料だったのですが、quotas are imposedとなっていました。さて。。。「割当」をimposeする(負わせる、課する、賦課する)とは言いません。割当は「与える」ものです。imposeされるquotaはいわゆる「ノルマ」ですので「削減義務」としました。

しかしながら、削減しなければならないとは限らないので、「排出上限を課されたら」のほうがよいかもしれません。要するに、「排出割当が決まって現在の排出量に上限を課されることになったら」ということなので、「削減義務」に違和感がある場合は、上記の「排出上限を課されたら」を、クライアントに提案するのがよいでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

翻訳トレーニング講座 受講者募集中!

あと少しでお仕事ができるという方の成長をサポートする翻訳講座「サステナビリティ翻訳トレーニング」。実際にご依頼いただくことの多い報告書や資料に類似する内容を課題とし、「環境・サステナビリティの分野の翻訳で活躍したい」方々のレベルアップにプロ翻訳者でもある講師が伴走します。
(2017年11月開講コースは受付を終了しました。2017/11/01)

言葉にまつわるエトセトラを募集中!

この単語の訳にいつも頭を悩ませる……よりよい英語表現が知りたい……
このブログで取り上げてほしいワードがあればこちらよりご連絡ください。

お名前
メールアドレス
取り上げてほしいワードなど

* 内容についてお問い合わせをする場合があります
* すべてへのお答えをお約束するものではありません
* CSR、サステナビリティ分野の内容を優先します

プライバシーポリシーに同意する