emissions trading=「排出量取引」

2012 / 5 / 14 | 執筆者:Futakuchi Kazuko

Wind farm and greenhouse gas farm, together
By kevin dooley

今回は、すでに20年以上の歴史を持つ「emissions trading」について、改めて日本語訳を整理したいと思います。

以下はその訳例と、Googleでのヒット件数です。(そのことばが一回でも書かれているとヒットするので、重複もあります。)
「排出量取引」  315,000件、
「排出権取引」  478,000件、
「排出枠取引」   31,400件、
「排出許可証取引」 5,000件、
「排出証取引」   17,600件

こうしてみると、排出量取引、排出権取引が既に市民権を獲得していますね。排出枠取引は、emissions tradingで2つある方式のうちの cap and trading system の訳語とするのが適切かもしれません。

しかしながら、京都議定書や環境省のサイトには、排出量取引となっています。また、東京都も排出量取引制度としています。

京都議定書全文
http://www.env.go.jp/earth/cop3/kaigi/kyoto01.html (和文)
http://unfccc.int/essential_background/kyoto_protocol/items/1678.php (英文)
環境省 国内排出量取引制度
http://www.env.go.jp/earth/ondanka/det/
東京都 総量削減義務と排出量取引制度
http://www.kankyo.metro.tokyo.jp/climate/large_scale/cap_and_trade/ (和文)
http://www.kankyo.metro.tokyo.jp/en/climate/cap_and_trade.html (英文)
(東京都は、2008年7月、環境確保条例を改正し、日本初の「温室効果ガス排出総量削減義務と排出量取引制度」(The Tokyo Cap-and Trade Program)を導入。削減義務は、2010年4月から開始されています。)

実は、「排出権」ということばには、「排出する権利がある」「排出してもよい分」という上から目線のニュアンスがあり、排出量を削減していこうという本来の目標からはずれる、という考え方の人も多く、特に学界ではあえて「排出権」を使わないようにしているためです。

では、「排出権」にあたる英語は何か? それは次回にまとめます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

翻訳トレーニング講座 受講者募集中!

あと少しでお仕事ができるという方の成長をサポートする翻訳講座「サステナビリティ翻訳トレーニング」。実際にご依頼いただくことの多い報告書や資料に類似する内容を課題とし、「環境・サステナビリティの分野の翻訳で活躍したい」方々のレベルアップにプロ翻訳者でもある講師が伴走します。
(2017年11月開講コースは受付を終了しました。2017/11/01)

言葉にまつわるエトセトラを募集中!

この単語の訳にいつも頭を悩ませる……よりよい英語表現が知りたい……
このブログで取り上げてほしいワードがあればこちらよりご連絡ください。

お名前
メールアドレス
取り上げてほしいワードなど

* 内容についてお問い合わせをする場合があります
* すべてへのお答えをお約束するものではありません
* CSR、サステナビリティ分野の内容を優先します

プライバシーポリシーに同意する