rolling blackout=「計画停電」

2012 / 4 / 8 | 執筆者:Futakuchi Kazuko

停電はblackout、electrical power outage、power failureなど、いろいろな言い方がありますが、2011年3月11日の震災のはるか前、2003年におこったニューヨークでの大停電の際に、新聞の見出しが一斉にblackoutを使ったことを、印象深く覚えています。

これにrollingが付くと?ですね。rollingといえば、
A rolling stone gathers no moss. 
(ころがる石はこけが生えない →むやみな商売替えは損である。 恋の相手を次々変えると真の愛は得られない。活動家はさびがつかない。)
 (研究社リーダーズプラスより)

のことわざが有名ですが、この場合のrollingには、輪番制度の、という意味となります。

2011年の夏から冬、節電対策の重要性が高まりましたが、計画停電もその一つです。
確かに不便ですが、前もって停電する時間帯が分かっていれば、対処できる問題が数多くあります。

2012年にそれが必要か、というと現在稼働中の発電施設で十分賄えている状況です。
「予期できない危険、障害」が、最も大きな被害をもたらすのでは、と思うこのごろです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

翻訳トレーニング講座 受講者募集中!

あと少しでお仕事ができるという方の成長をサポートする翻訳講座「サステナビリティ翻訳トレーニング」。実際にご依頼いただくことの多い報告書や資料に類似する内容を課題とし、「環境・サステナビリティの分野の翻訳で活躍したい」方々のレベルアップにプロ翻訳者でもある講師が伴走します。
(2017年11月開講コースは受付を終了しました。2017/11/01)

言葉にまつわるエトセトラを募集中!

この単語の訳にいつも頭を悩ませる……よりよい英語表現が知りたい……
このブログで取り上げてほしいワードがあればこちらよりご連絡ください。

お名前
メールアドレス
取り上げてほしいワードなど

* 内容についてお問い合わせをする場合があります
* すべてへのお答えをお約束するものではありません
* CSR、サステナビリティ分野の内容を優先します

プライバシーポリシーに同意する