HCVF: High Conservation Value Forests=「保護価値の高い森林」

2012 / 2 / 13 | 執筆者:Futakuchi Kazuko

Wapack National Wildlife Refuge

by U. S. Fish and Wildlife Service – Northeast Region

森林は、炭素固定、水源の保護、土壌浸食制御などたくさんの機能があるほか、動植物そして人間にとっても大切な生息地ですが、なかでもとりわけ「保護価値の高い森林(HCVF)」が定義され、保護活動が行われています。

HCVFの定義は英語、日本語の両方で見ることができます。英語では、

The GFTN Guide to Legal and Responsible Sourcing http://sourcing.gftn.panda.org/ の以下のページに詳しく説明があります。 http://sourcing.gftn.panda.org/index.php?id=59

これは、2003年にWWFとIKEAが協力した森林プロジェクト ProForestが発表したツール The High Conservation Value Forest Toolkitに原型を見ることができます。
http://www.proforest.net/objects/publications/HCVF/hcvf-toolkit-part-1-final.pdf

日本語では、WWFの活動を紹介するページに掲載されています。日英対照で確認することができるので、森林保護に関する翻訳の参考になりますね。
http://www.wwf.or.jp/activities/2009/09/701514.html

基本用:森林保護 forest conservation

このエントリーをはてなブックマークに追加

翻訳トレーニング講座 受講者募集中!

あと少しでお仕事ができるという方の成長をサポートする翻訳講座「サステナビリティ翻訳トレーニング」。実際にご依頼いただくことの多い報告書や資料に類似する内容を課題とし、「環境・サステナビリティの分野の翻訳で活躍したい」方々のレベルアップにプロ翻訳者でもある講師が伴走します。
(2017年11月開講コースは受付を終了しました。2017/11/01)

言葉にまつわるエトセトラを募集中!

この単語の訳にいつも頭を悩ませる……よりよい英語表現が知りたい……
このブログで取り上げてほしいワードがあればこちらよりご連絡ください。

お名前
メールアドレス
取り上げてほしいワードなど

* 内容についてお問い合わせをする場合があります
* すべてへのお答えをお約束するものではありません
* CSR、サステナビリティ分野の内容を優先します

プライバシーポリシーに同意する