「環境に配慮した」をどう訳すか?

2012 / 2 / 20 | 執筆者:Futakuchi Kazuko

環境に配慮した~、とある場合、まずどんな英語が浮かびますか? environment-friendly, あるいは environmentally friendly が一般的ですね。さらに短く eco-friendly も。

その他に比較的新しい表現として、environmentally responsible も使われます。以下のWWF UKのサイトでもEnvironmentally responsible corks という風に使われていました。http://bit.ly/AzSADW

こちら↓のWWF New Zeal Landのサイトでは、environmentally friendly car (Toyota), environmentally responsible paper (Spicers Paper) とありますね。
http://www.wwf.org.nz/about_us/business_partners/our_sponsors/

さらにenvironmentally conscious という、こちらも比較的新しいフレーズもあります。しかしネイティブ翻訳者に聞いたところ、environmentally conscious paper は、違和感があるそうです。environmentally conscious の後ろは、人や人が行うことならばしっくりくるとのことでした。調べてみると確かに、environmentally conscious consumer、environmentally conscious policy、environmentally conscious practice など、人や、人の行為を表す単語の形容詞として使われています。

辞書で調べてみると、friendlyは人の形容詞として使う場合は、親しみやすいなど、モノの場合は役に立つ、都合のよいといった意味があります。また、responsibleは、人の場合は責任のある、信頼できるなど、モノの場合は責任のある、責任の重い、という意味があります。これに対し、consciousは、~-consciousで、「を強く意識する、 …を重視する、 …に強い関心を示す」と、辞書に定義があり、後ろにモノがくるのは、確かに難しそうです。

うまく使い分けていきたいと思います!

 

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

翻訳トレーニング講座 受講者募集中!

あと少しでお仕事ができるという方の成長をサポートする翻訳講座「サステナビリティ翻訳トレーニング」。実際にご依頼いただくことの多い報告書や資料に類似する内容を課題とし、「環境・サステナビリティの分野の翻訳で活躍したい」方々のレベルアップにプロ翻訳者でもある講師が伴走します。
(2017年11月開講コースは受付を終了しました。2017/11/01)

言葉にまつわるエトセトラを募集中!

この単語の訳にいつも頭を悩ませる……よりよい英語表現が知りたい……
このブログで取り上げてほしいワードがあればこちらよりご連絡ください。

お名前
メールアドレス
取り上げてほしいワードなど

* 内容についてお問い合わせをする場合があります
* すべてへのお答えをお約束するものではありません
* CSR、サステナビリティ分野の内容を優先します

プライバシーポリシーに同意する