by-catch=「混獲」

2012 / 1 / 31 | 執筆者:Futakuchi Kazuko

sea turtle
Photo by wbaiv

希少動植物の保護の重要性が高まる中、海外でも多くのNGOがさまざまな活動を展開しています。今日のことば「by-catch」は、バングラデシュで活動するMarine Life Allianceについて書かれている文章で見つけました。

by-catch(混獲=bycatch)は、 漁や釣りなどで、獲ろうとしている魚類以外で網や針にかかるものを指します。例えばイルカやクジラ、ウミガメなどが、漁師の網にかかって溺れてしまいます。

このNGOは、生計を立てるための漁で希少動物種が損なわれないよう、バングラディシュの住民への啓発活動を行い、Turtle Excluder Devices (TED): 混獲防止装置を網に付けることを漁師に指導しているとのことです。

TEDってどんな装置なのかな、と調べたらナショナルジェオグラフィックにありました!
ウミガメの危機:混獲防止装置 http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=2010040713&expand#title

間違って網に入ってしまったウミガメなどを出口に誘導するようになっているんですね。地元の漁師さんたちの理解が得られ、またTEDをとりつけることが法律化されたり、国や自治体の支援対象となればもっと広がりそうです。

基本キーワード:希少動植物: rare animals and plants

このエントリーをはてなブックマークに追加

翻訳トレーニング講座 受講者募集中!

あと少しでお仕事ができるという方の成長をサポートする翻訳講座「サステナビリティ翻訳トレーニング」。実際にご依頼いただくことの多い報告書や資料に類似する内容を課題とし、「環境・サステナビリティの分野の翻訳で活躍したい」方々のレベルアップにプロ翻訳者でもある講師が伴走します。
(2017年11月開講コースは受付を終了しました。2017/11/01)

言葉にまつわるエトセトラを募集中!

この単語の訳にいつも頭を悩ませる……よりよい英語表現が知りたい……
このブログで取り上げてほしいワードがあればこちらよりご連絡ください。

お名前
メールアドレス
取り上げてほしいワードなど

* 内容についてお問い合わせをする場合があります
* すべてへのお答えをお約束するものではありません
* CSR、サステナビリティ分野の内容を優先します

プライバシーポリシーに同意する