confidenceにはまりました

2011 / 11 / 10 | 執筆者:Futakuchi Kazuko

need a little pick-me-up?
By hojusaram

翻訳を仕事としていると、同じ日に全く別の翻訳で、同じあるいは関連性のある用語に出くわすことがあります。私は「これについて学べ」と言われているようで、いつもひとしきり調べものをします。今日は、confidenceという単語を含む二つの経済用語、consumer confidenceとbusiness confidenceでした。

consumer confidenceは、 一般的に「消費意欲」と訳されますが、ロングマン英英辞典で調べると、「the level of people’s satisfaction with the economic situation, which is shown by how much money they spend」=消費する金額によって示される、景気にどれほど満足しているかの度合い、とあります。米国には米民間調査機関のカンファレンス・ボードが発表するConsumer Confidence Index (CCI)があります。
http://www.conference-board.org/data/consumerdata.cfm

これに対し、business confidence は「企業マインド」「景況感」と訳されますが、どの英英辞典でもヒットしないので、比較的新しいことばのようです。business sentiment, corporate mindsetとも言いかえられますね。consumer confidenceの定義から推測すると、企業の投資意欲を表しているようです。

confidenceをOxford英英辞典で調べると、belief in others, belief in yourself, feeling certain, trust, secretとあります。それぞれ信任、信頼、信用/自信/確信/信用、信頼/秘密と訳せます。

いろいろ調べるなかで、consumer confidence, business confidenceにぴったりのconfidenceの意味を(独)情報通信研究機構が提供する日本語WordNetに見つけました。

事態が順調にいくだろうという、確固とした見込みがある状態
= a state of confident hopefulness that events will be favorable

confidenceとみると、反射的に「信頼、信用、自信、確信」の中から選んできましたが、こうして調べていくことで、このことばの厚みや深みに触れた思いがします。

環境に関する翻訳を弊社の専門としているのですが、最近は環境に与える影響を「見える化」することが大切という流れがあり、経済用語も強くならないと、と思うこのごろです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

翻訳トレーニング講座 受講者募集中!

あと少しでお仕事ができるという方の成長をサポートする翻訳講座 「サステナビリティ翻訳トレーニング」。 実際にご依頼いただくことの多い報告書や資料に類似する内容を課題とし、 「環境・サステナビリティの分野の翻訳で活躍したい」方々の レベルアップにプロ翻訳者でもある講師が伴走します。