tipping point=「転換点」

2011 / 5 / 3 | 執筆者:Futakuchi Kazuko

Malcolm Gladwell のベストセラー
「The Tipping Point (邦題:急に売れ始めるにはワケがある)」 の中で、彼は
小さな変化は転換点を超えた時、一気に大きな変化になると述べています。
2001年に出版されており、”Tipping point”で検索すると
480万件以上のヒットがありますから、英語では定着しているフレーズですね。

弊社が日本語版を担当したGLOBAL BIODIVERSITY OUTLOOK 3
(地球規模生物多様性概況第3版)の72ページで以下のように定義されています。

転換点(tipping point)とは?
「ある生態系がまったく新しい状態へ推移するような状況」

もともとは経済の文脈で使われていましたが、
今では生物多様性の文脈でも見受けられるようになりました。

現代は、インターネットの発達で情報が伝わる速度は著しく速く、
また、技術の発達で、小さな変化がとてつもない大きな変化を
引き起こすのを、われわれは体感しています。
また気候変動の影響で、自然が変化を吸収し、
その影響を緩和する力が損なわれています。

私たちは、本当の意味で幸せになるために、
あらゆる場面でティッピング・ポイントを見極める力を
より一層鍛えなければならないのかもしれません。

———-
GLOBAL BIODIVERSITY OUTLOOK 3(地球規模生物多様性概況第3版)
http://www.biodic.go.jp/biodiversity/wakaru/library/files/GBO3_booklet.pdf
日本語版
http://www.cbd.int/doc/publications/gbo/gbo3-final-en.pdf
英語版

このエントリーをはてなブックマークに追加