英文メールでお礼の気持ちを伝えるには

2011 / 5 / 31 | 執筆者:Futakuchi Kazuko

Thank you.jpg
Photo by vistamommy

エコネットワークスには、ネイティブの登録英訳者さんが現在9人いて、
仕事の依頼などは、すべて英文メールになります。

レートや、依頼する原稿の内容・背景情報などを正しく伝えることは
結構大変な作業で、入社当初は1本に30分ぐらいかかっていましたが、
苦労と経験の甲斐あって、今では日本語のメールと同じスピードで
書けるようになりました。

それでも、いつも迷うのが、お礼のメール。
何度も原稿の差し替えが続き、大変苦労をかけたにもかかわらず、
クライアントさまにとって抜き差しならない締め切りに、
おほめをいただく英訳を、きっちり間に合わせてくれた翻訳者の方に、
「丁寧に仕事を進めてくれて、ありがとう」と伝えたいと思いました。

さて、「丁寧に」にあたる単語、何が思い浮かびましたか?

私は、

Thank you for your careful work.

と書きました。

carefulは、「注意深い、用心深い」のほかに「念入りな」など、
「対象を大事にする、気遣う」というニュアンスがあります。
すっと頭に思い浮かんだあなたは、英文メールの上級者だと思います。(^-^)b

それから、「いつもありがとう」は、
日本語のメールでは、冒頭に書くのが一般的だと思いますが、
英文では、最後に
Thank you always,
と書いてから、署名をしたり。
ぜひ使ってみてくださいね。

もうひとつ、苦労するのがクレームのメール。
これはまた、別の機会に。

このエントリーをはてなブックマークに追加