Clearing-House Mechanism–クリアリングハウス・メカニズム

2011 / 4 / 12 | 執筆者:Futakuchi Kazuko

環境省生物多様性センターは、2004年7月から
日本の「生物多様性情報クリアリングハウスメカニズム(CHM-JP)」
の本格運用を開始しています。

この情報システムは、生物多様性条約において
各締約国がそれぞれ整備することが求められているもので、
さまざまな機関や研究者(個人)が保有する生物多様性に関わる情報を、
横断的に検索・把握することを可能にし、
情報の相互交換・流通を促進することを目的としています。

インターネットに接続している全てのコンピュータから、
生物多様性に関するメタデータの登録ができるようになり、
同時に登録済みの全情報の検索・閲覧もできます。

多くの知見や研究結果が公開され、共有されれば、
それだけ新しい方策や協働の可能性も広がりますね。

CHMについて、
Global Biodiversity Outlook 3(地球規模生物多様性概況第3版)では、
以下のように記載されています。

Knowledge – for good decisions to be made, the best available information about the biodiversity of a country or region must be accessible to the right people at the right time. The Clearing-House Mechanism, a system of compiling, co-ordinating and providing access to relevant and up-to-date knowledge, is a key tool provided by the CBD framework.

(弊社訳)
すぐれた決定を下すには、その国や地域の生物多様性に関して入手できる最善の情報が、適切な人々に、適切なタイミングで与えられなければならない。関連する最新の知識を蓄積、調整し、提供するシステムであるクリアリングハウス・メカニズムは、生物多様性条約の枠組みによってもたらされた重要なツールである。

このシステムは世界初とのことですが、
今後あらゆる分野でのクリアリングハウス・メカニズムが構築されることを期待します。

生物多様性情報クリアリングハウスメカニズム(CHM-JP)
http://www.chm.biodic.go.jp/

環境省 プレスリリース
http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=5151

このエントリーをはてなブックマークに追加

翻訳トレーニング講座 受講者募集中!

あと少しでお仕事ができるという方の成長をサポートする翻訳講座「サステナビリティ翻訳トレーニング」。実際にご依頼いただくことの多い報告書や資料に類似する内容を課題とし、「環境・サステナビリティの分野の翻訳で活躍したい」方々のレベルアップにプロ翻訳者でもある講師が伴走します。
(2017年11月開講コースは受付を終了しました。2017/11/01)

言葉にまつわるエトセトラを募集中!

この単語の訳にいつも頭を悩ませる……よりよい英語表現が知りたい……
このブログで取り上げてほしいワードがあればこちらよりご連絡ください。

お名前
メールアドレス
取り上げてほしいワードなど

* 内容についてお問い合わせをする場合があります
* すべてへのお答えをお約束するものではありません
* CSR、サステナビリティ分野の内容を優先します

プライバシーポリシーに同意する