Satoyama landscape=「里地里山」

2011 / 2 / 22 | 執筆者:Futakuchi Kazuko

satoyama.jpg
Photo by kayakaya

2009年に弊社で環境省の「生物多様性企業参画ガイドライン」の英訳を
担当させていただいた際に、日本政府として、
里地里山の英訳をSatoyama landscapeと決めた、とお聞きしました。
かつては、弊社でrural landscape called satoyama という風に訳出していたことも
ありましたが、それ以来、Satoyama landscape を定訳として使っています。

2010年3月に国連生物多様性事務局より発行された
「地球規模生物多様性概況3」にも、Satoyama landscape の説明があります。
Global Biodiversity Outlook 3
http://www.cbd.int/doc/publications/gbo/gbo3-final-en.pdf
(34ページ右下のコラム)

生物多様性の保全の重要性がますます注目される中、
人間の暮らしが豊かな生態系を作った、世界でも珍しい日本発の考え方として、
環境省と国連大学が協働し、「里山イニシアチブ」を立ち上げています。
里山イニシアチブ ホームページ
http://satoyama-initiative.org/jp/

里地里山は、人間の活動そのものが環境にうまく融合した日本のモデルですが、
古くから自然との折り合いをつけて暮らしている人々は、世界にもいるはずです。

Satoyama landscapeということばのもと、そのようなアプローチが
世界中で注目を集めることを期待しています。

——————–
里地里山について:
里地里山は人間が作り出した環境です。作物や燃料になる木を得るために、
もともとあった林を切り開いて、田畑を作り、木を植えました。
その結果、水辺や湿地、明るい林など、さまざまな環境が誕生し、
それぞれを好む多様ないきものが暮らせるようになりました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

翻訳トレーニング講座 受講者募集中!

あと少しでお仕事ができるという方の成長をサポートする翻訳講座「サステナビリティ翻訳トレーニング」。実際にご依頼いただくことの多い報告書や資料に類似する内容を課題とし、「環境・サステナビリティの分野の翻訳で活躍したい」方々のレベルアップにプロ翻訳者でもある講師が伴走します。
(2017年11月開講コースは受付を終了しました。2017/11/01)

言葉にまつわるエトセトラを募集中!

この単語の訳にいつも頭を悩ませる……よりよい英語表現が知りたい……
このブログで取り上げてほしいワードがあればこちらよりご連絡ください。

お名前
メールアドレス
取り上げてほしいワードなど

* 内容についてお問い合わせをする場合があります
* すべてへのお答えをお約束するものではありません
* CSR、サステナビリティ分野の内容を優先します

プライバシーポリシーに同意する