Rice-fish agriculture=「稲魚農業」

2011 / 2 / 8 | 執筆者:Futakuchi Kazuko

rice_paddy.jpg
Image photo by www.seefarseeeast.com

国連生物多様性事務局のGlobal Biodiversity Outlook 3や、
FAOの資料Globally Important Agricultural Heritage Systems (GIAHS)に
中国で行われている「稲魚農業」が紹介されています。

稲魚農業は、少なくとも2千年前の漢時代から行われています。
このシステムでは、水田で飼われている魚が肥料を供給し、
土壌を柔らかくし、幼虫や雑草を食べる一方で、
稲は魚のために日陰をつくり、餌を供給します。

このシステムで育てられた魚と米は高品質であり、
栄養価の高さや人件費の低さ、化学肥料や除草剤、殺虫剤の必要性の低減に
よって、農家に直接的な利益をもたらしています。

世界には、古くから伝わる持続可能な農業のシステムがまだまだありそうですね。

関連URL:
Global Biodiversity Outlook 3
http://gbo3.cbd.int/
FAO: Globally Important Agricultural Heritage Systems (GIAHS)
http://www.fao.org/nr/giahs/pilot-systems/pilot/rice-fish-agriculture/rice-fish-agriculture-summary/en/

このエントリーをはてなブックマークに追加

翻訳トレーニング講座 受講者募集中!

あと少しでお仕事ができるという方の成長をサポートする翻訳講座「サステナビリティ翻訳トレーニング」。実際にご依頼いただくことの多い報告書や資料に類似する内容を課題とし、「環境・サステナビリティの分野の翻訳で活躍したい」方々のレベルアップにプロ翻訳者でもある講師が伴走します。
(2017年11月開講コースは受付を終了しました。2017/11/01)

言葉にまつわるエトセトラを募集中!

この単語の訳にいつも頭を悩ませる……よりよい英語表現が知りたい……
このブログで取り上げてほしいワードがあればこちらよりご連絡ください。

お名前
メールアドレス
取り上げてほしいワードなど

* 内容についてお問い合わせをする場合があります
* すべてへのお答えをお約束するものではありません
* CSR、サステナビリティ分野の内容を優先します

プライバシーポリシーに同意する