small island developing States=「小島嶼開発途上国」

2010 / 12 / 7 | 執筆者:Futakuchi Kazuko

気候変動、特に温暖化による海面上昇などの影響の被害を特に受けやすいのが
この「しょうとうしょ」開発途上国です。読み方が大変難しいですね。

領土が狭く、太平洋・西インド諸島・インド洋・カリブ海などに位置する島国を表し、
SIDSの略語でもよく用いられます。

気候変動だけでなく、島国固有の問題(少人口、遠隔性、自然災害等)による
脆弱性の故に持続的開発が困難だとされる開発途上国です。

これらの国は、小島嶼国連合(AOSIS: Alliance of Small Island States)を形成し、
現在、国連におけるSIDSメンバー・リストには42カ国が上がっています。
AOSIS参照サイト: http://www.sidsnet.org/aosis/about.html

このエントリーをはてなブックマークに追加

翻訳トレーニング講座 受講者募集中!

あと少しでお仕事ができるという方の成長をサポートする翻訳講座「サステナビリティ翻訳トレーニング」。実際にご依頼いただくことの多い報告書や資料に類似する内容を課題とし、「環境・サステナビリティの分野の翻訳で活躍したい」方々のレベルアップにプロ翻訳者でもある講師が伴走します。
(2017年11月開講コースは受付を終了しました。2017/11/01)

言葉にまつわるエトセトラを募集中!

この単語の訳にいつも頭を悩ませる……よりよい英語表現が知りたい……
このブログで取り上げてほしいワードがあればこちらよりご連絡ください。

お名前
メールアドレス
取り上げてほしいワードなど

* 内容についてお問い合わせをする場合があります
* すべてへのお答えをお約束するものではありません
* CSR、サステナビリティ分野の内容を優先します

プライバシーポリシーに同意する