見出しでの動詞の時制について

2010 / 12 / 15 | 執筆者:二口 芳彗子 Kazuko Futakuchi

ニュース記事の見出しには、できるだけ少ない文字で情報を伝えるために、
標準文法とは異なる独自のルールがあります。
これらを知っておくと、とても便利です。

○ ×
◆主語+現在形→過去形を表す
○Rail/Bus Corporate Campaign Reduces CO2 Emissions
×Rail/Bus Corporate Campaign Reduced CO2 Emissions

◆主語+To不定詞→未来、予定
○Toyota and Honda to Sell Cars Powered by Fuel Cell
×Toyota and Honda Will Sell Cars Powered by Fuel Cell

◆主語+過去分詞→受け身(be動詞を省略)
○Carbon Offset Association Established
×Carbon Offset Association Being Established

◆主語+現在分詞→進行形(be動詞を省略)
○JR Freight Developing Japan’s First Hybrid ‘Switcher’
×JR Freight is Developing Japan’s First Hybrid ‘Switcher’

このエントリーをはてなブックマークに追加

翻訳トレーニング講座 受講者募集中!

環境やサステナビリティの分野を専門とする翻訳を志す方の成長をサポートする翻訳講座「サステナビリティ翻訳トレーニング」。実際にご依頼いただくことの多い報告書や資料に類似する内容を課題とし、受講者の方のレベルアップにプロ翻訳者でもある講師が伴走します。

言葉にまつわるエトセトラを募集中!

この単語の訳にいつも頭を悩ませる……よりよい英語表現が知りたい……
このブログで取り上げてほしいワードがあればこちらよりご連絡ください。

お名前
メールアドレス
取り上げてほしいワードなど

* 内容についてお問い合わせをする場合があります
* すべてへのお答えをお約束するものではありません
* CSR、サステナビリティ分野の内容を優先します

プライバシーポリシーに同意する