National inventory report =「国別温室効果ガスインベントリ報告書」

2010 / 12 / 20 | 執筆者:Futakuchi Kazuko

京都議定書を受託した国が各自整備する、二酸化炭素(CO2)、メタン(CH4)、
亜酸化窒素(N2O)、ハイドロフルオロカーボン(HFC)、パーフルオロカーボン(PFC)、
六フッ化硫黄(SF6)の6種類の温室効果ガスの排出・吸収量目録(インベントリ)です。
政府関連文書では、略してNIRとしています。

日本政府は2010年4月に、NIRを気候変動枠組条約事務局へ提出しています。
日本国温室効果ガスインベントリ報告書 —2010年4月—
http://www.cger.nies.go.jp/publications/report/i094/i094.pdf

英語版はこちらです。
National Greenhouse Gas InventoryReport of JAPAN
http://www-gio.nies.go.jp/aboutghg/nir/2010/NIR_JPN_2010_v4.0E.pdf

弊社のパートナーNGO・ジャパン・フォー・サステナビリティに関連記事がありますので
こちらも合わせてご覧ください。
http://www.japanfs.org/ja/pages/030442.html

ジャパン・フォー・サステナビリティ http://www.japanfs.org/ja/

このエントリーをはてなブックマークに追加

翻訳トレーニング講座 受講者募集中!

あと少しでお仕事ができるという方の成長をサポートする翻訳講座「サステナビリティ翻訳トレーニング」。実際にご依頼いただくことの多い報告書や資料に類似する内容を課題とし、「環境・サステナビリティの分野の翻訳で活躍したい」方々のレベルアップにプロ翻訳者でもある講師が伴走します。
(2017年11月開講コースは受付を終了しました。2017/11/01)

言葉にまつわるエトセトラを募集中!

この単語の訳にいつも頭を悩ませる……よりよい英語表現が知りたい……
このブログで取り上げてほしいワードがあればこちらよりご連絡ください。

お名前
メールアドレス
取り上げてほしいワードなど

* 内容についてお問い合わせをする場合があります
* すべてへのお答えをお約束するものではありません
* CSR、サステナビリティ分野の内容を優先します

プライバシーポリシーに同意する