小野 梨奈(Ono Lina)-運営パートナー紹介

大学・専攻

東北大学大学院理学研究科地球物理学専攻

担当

プランナー/運営パートナー

主なプロジェクト

・環境ウェブサイト 構築支援
・国内外 先進CSR・サステナビリティレポート調査
・エコプロダクツ2012 国際対応事務局・海外広報支援
ほか

プロフィール

北海道函館市生まれ。女性向けWebメディアの編集者を経て、2006年にWebプロデューサーとして独立。Webサイト・コンテンツの企画・制作からプロモーション立案までを手がけるほか、時にはライターとしてインタビュー取材も行う。関心あるテーマは、一人一人が望む多様な働き方、生き方を平等に選び、実現できる社会にするために必要なことを考え、行動していくこと。その活動のひとつとして、2009年に女性フリーランスをつなぐプラットフォーム「Rhythmoon(リズムーン)」を立ち上げ、フリーランスという働き方に関する情報を女性目線で発信している。
プライベートでは、夫、子2人の4人家族。国内外に限らず、どこにいても仕事ができるワークスタイルを目指している。「個が輝く」「チーム・サステナビリティ」のコンセプトに共感し、2011年からENWに参加。

ブログ・ソーシャルメディア

自身のサイト:http://www.onolina.com/
Rhythmoon:http://www.rhythmoon.com/

小野梨奈を知るための10の質問

1. どんな幼少時代を過ごしましたか?
小学校3、4年の担任の先生の影響で天文少女に。星空を眺めたり、団地の6階にある自宅の窓から、イカ釣り漁船と月明りに照らされる幻想的な海を見るのが好きでした。
2. 小さい頃の夢は?
獣医、宇宙飛行士
動物好きで、セキセイインコ、ボタンインコ、オカメインコ、九官鳥、ハムスター、うさぎ、カメ、ゲンゴロウ(!)など団地で飼える小動物はいろいろ飼いました。宇宙飛行士は高校生のときに願書を取り寄せたら、身長と視力の制限にひっかかってしまいあきらめた記憶が……。
3. ターニングポイントは?
新卒で入社した会社を1年で転職することを決意したとき、独立したとき、母になったとき
4. ENWに参加している理由は?
「個」が輝くことを大切にし、「個」と「組織」の新たな関係性を模索しながらライフステージに合わせた柔軟なワークスタイルをそれぞれが実践しているところ。グローバルなネットワークの中で働く機会を共有できること。そして、その仕組み化の部分に携われること。
5.「サステナビリティ」とは?
一人ひとりが「心地よい」あり方を実現できていること。
6.「サステナブルな働き方」をするために心がけていることは?
楽しみながら仕事をすること。自分の直感を信じること。新しいことにチャレンジする姿勢を持ち続けること。
7. オフの過ごし方、趣味は?
自然に触れたり、家族と過ごす時間を大切にしています。ヨガやダンスなど体を動かすことが好きですが、最近あまりできていません。。。
8. 好きな時間は?
気のおけない仲間と、おいしいお酒や料理を囲みながら語らうこと
9. いつか必ず見ておきたいもの
皆既日食
10. 好きな言葉は?
「想い」は必ず伝わる!

小野 梨奈(Ono Lina)-運営パートナー紹介 への2件のフィードバック

  1. ピンバック: 「個」と「組織」の、強くて新しい結びつきかた

  2. ピンバック: ENW運営パートナー、小野梨奈さんとの「働き方」のお話(第3回目) | 働き方ブログ

Share