野澤 健(Nozawa Takeshi)-コアスタッフ紹介

野澤 健の写真

野澤 健の写真

専攻

東京外国語大学中国語専攻・国際環境法ゼミ卒業

担当

代表取締役社長・CEO

主なプロジェクト

・パナソニック「ソーラーランタン10万台プロジェクト」コミュニケーション支援
・ステークホルダーダイアログ・ヒアリング ファシリテーター(建設、通信、サービス企業他)
・各種調査・分析

プロフィール

野澤健の写真

愛知県新城市出身。小学校2年~6年生の間、家族でフランスに住む。

大学では中国語と国際環境法を中心に学ぶ傍ら、市民活動に関心を持ち、教育・国際交流、環境、国際協力など複数の団体で活動。大学4年時に1年休学し、これまでに培ったネットワークを訪ねて世界1周の旅に。NGOの活動現場を訪ねたり、趣味のダンスを通じて地元の人たちと交流。しかし途中でマラリアにかかり半周で断念。九死に一生を得る。

2006年度NGO ジャパン・フォー・サステナビリティ(JFS)インターンを経て、2008年より、エコネットワークスに参画。2014年より現職。

主な執筆・講演

<講演・出演>
・「その英文版レポートが誤解を生む?!
・My Desk and Team&しょこらぼ「働き方の未来」(2013年5月)
日刊温暖化新聞フォーラム「グリーンウォッシングの事例にみる信頼を高め批判を避ける環境広告」 (2011年12月)
・British Council Green Leaders Forum: GREEN MEDIA & WEB2.ECO (2010年3月) 他

ブログ・ソーシャルメディア

Sustainability Frontline~サステナビリティをカタチに~
https://www.facebook.com/takeshi.nozawa.395

野澤 健を知るための10の質問

1. 興味のあるテーマを教えてください。
はたけ・農、ワークショップ、ファシリテーション、個と組織の新しい関係、働き方
2. 何が好き?
ブレイクダンス。ストリート。
夜、友だちと外で踊る。最高です。(昔)
3. どんな少年時代を過ごした?
田舎で育ちました。
8歳から12歳の間は、家族でフランスに行っていました。
恐らくその時に、価値観が変わったはず。。。
4. 好きな言葉、キーワードは?
ワクワクする。
魅力的な。
5. ターニングポイントは何でしたか?
高校生の頃に参加した10日間の国際交流プログラムで、平和や環境など様々なテーマについて考え、
自分とは異なる視点に出会い、物事には色々な側面があることを学びました。
あと、2007年の旅行中にマラリアにかかり、生死の境をさ迷ったことですね。
6. 1番思い出に残っている国は?
これまでに30ヵ国近くを訪れましたが、1番はフランスとソロモン諸島です。フランスは第2の故郷。
大自然の中での生活と現地の人たちとのダンスバトル@ソロモンは一生の思い出です。
7. ENWに参加している理由は?
そこにENWがあったからです。
自分がやりたいこと、好きなことをずっとやってきて、出会ったのがENWです。
新しい生き方、働き方をENWで追及していきたいです。
8. 何に挑戦したいですか?
シャワークライミング、世界一周旅行再チャレンジ。
新しい働き方、生き方の追求。
9.好きな場所は?
静かに夜空を見られる場所
10. 日々を楽しんでいますか?
もちろん。どんなにつらいことでも、後から振り返ればすべていい経験。
過ぎた毎日を後悔することはしません。

コメントは停止中です。

Share