/ リサーチャー

近藤圭子さん Keiko Kondo

近藤さんは、TSAパートナーとしてCSR関連の調査を担当しています。その傍ら「ハーブとアロマテラピー 灯り」を立ち上げ、ハーブやアロマテラピーに関する講座、自宅サロンでもトリートメント、 オリジナルハーブティーの販売などをおこなっています。活動のきっかけ、目的ややりがい、目標をお伺いしました。

自分を大切にケアする過程を植物とともにご一緒したい

aroma1

―TSAパートナーになったきっかけは?TSAではどんなお仕事をしているのですか?

以前CSRに関する調査やセミナー企画等の仕事をしており、退職後にフリーランスでもこの分野に関われないか探していた時に、ENWのことを知りました。自分にあったかたちでサステナブルに働こう、という考え方にも共感しました。現在はリサーチ関係の仕事をさせていただいています。

―サステナブルな働き方を続けるために工夫していることは?

気分転換をうまくすること。私の場合はアロマと、近所に借りている畑が役立っています。アロマのロールオンを携帯して、使っています。それでも煮詰まったら、畑に出て野菜を収穫しています(笑)。

―近藤さんが主宰している「灯り」とはどんな活動ですか?

ハーブ、アロマテラピーに関する講座の企画、開催、自宅サロンでのトリートメント、自分で調合したハーブティーの販売をしています。

―アロマと出会ったきっかけは?

仕事の忙しさやストレスから体調を崩した時に、試しに精油を買って使ってみたら、よかったんです。でも「気のせいかな」と思っていました。そんなある日、受けてみたアロマテラピーの講座で「精油の成分は研究で効果が証明されている」と聞き、深く納得し、勉強を始めました。

―「灯り」の活動をはじめたきっかけ、活動の目的は?

2012年からカフェなどでハーブ講座をしていました。その後、アロマトリートメントの資格を習得し、縁あってハーブティーの販売も始めました。これらの活動を1つのかたちにして活動したいと思い、2014年に「灯り」を立ち上げました。

ハーブや精油はひとりひとりがその人らしくちからを発揮できるように寄り添ってくれると思います。キーワードは多様性です。そもそも植物自身が多様なのですが、ハーブや精油に触れた人の感じ方も人それぞれで、それで良いのです。

また、同じ人でも体調や気分によっては好きだった香りを受け付けないことがあります。ハーブや精油は、自分の「今」に向き合えるツールです。灯りの活動では、まずは今の状態に気づき、そして自分で自分を大切にケアする過程をご一緒したいな、と思っています。

近藤さんのオリジナルブレンドのハーブティーの数々。

近藤さんのオリジナルブレンドのハーブティーの数々。

―講座やトリートメントのお客様の反応は?

季節ごとにメディカルハーブの講座をおこなっているのですが、最初に植物療法、ハーブが身体によいとされる理由をしっかり話すので「植物っていいな、と感じられる」という感想をいただきます。トリートメントでは、施術前にその人の状態、気分や希望を伺って、精油を一緒にかぎながら香りを選んでいます。施術後には「大切にふれてもらった」「疲れていることに気付いた」「手からエネルギーをもらった」といった感想をいただきます。

―活動で、やりがいを感じるのは、どんなときですか?

講座中、香りをかいだりハンドバスをしたりして、参加している方の表情がやわらぐのを見ると本当に嬉しいです。また、セラピスト仲間のサロンでハーブティーを使ってもらっているのですが、注文があると「お客様がたくさん来ているのだな」と嬉しいですし、刺激を受けます。

 

講座の様子。

講座の様子。

―5年後の夢は?

植物の力で元気になるのは素晴らしいことですが、使っているもので、どこかの誰かを傷つけたくないと思っています。そこで、ハーブティーの原料や精油は、できる限り生産過程が分かるもの、フェアトレードや福祉事業所のものなどを使っていきたいです。

また、自分が仕事で忙しく大変だった時にアロマテラピーに出会ったので、ストレスケアの一環として、企業向けの講座やトリートメントをやってみたいです。会議室でのハンドトリートメント講座、給湯室でのハーブティー設置など、できることがあればいいなと思っています。(取材日2015/12/20)

おまけ:近藤さんおすすめ、冬のアロマ「ハンドバス」

講座の時のハンドバスの様子です。

講座の時のハンドバスの様子です。

冷えて血行が悪くなる冬ですが、手首まで温めるだけでも首や肩もゆるんでいきます。

1.洗面器に手首まで浸かる位の量のお湯を入れる
2.好きな精油を1〜3滴入れて、よく混ぜる
3.手首まで浸かり、ぼーっとする
4.お湯が冷めてきたら差し湯をして、もういいかなと思うまでぼーっとする

在宅ワークの方は仕事の合間にもぜひお試しください。
パソコン仕事で目や肩が疲れたときにおすすめです。

 

経歴:東京出身。大学卒業後、人材サービス会社で製造業の中途採用支援に携わる。その後企業とNPOの協働やCSR調達に関心を持ったことから、民間団体でCSR調査、CSRセミナー企画・運営を担当。東日本大震災後は東北の障害者福祉事業所を応援する活動に参画し、企業との連携を担当した。一方で体調不良をきっかけにアロマテラピーやハーブといった植物療法に触れ、学びを深める。2012年より講師活動、2014年よりハーブティー販売、2015年より東京都内でトリートメントルームを開始。

このエントリーをはてなブックマークに追加