Uncategorized」カテゴリーアーカイブ

2013年春のキャンプレポート

5月28日に2013年春のキャンプを行いました。会場は、ガイダンスでもおじゃました東京・仙川のcococi Coworking Spaceでした。

年に2回のキャンプ。ENWでは普段、それぞれの拠点で仕事をしているため、このキャンプのように、お互いのことを深く知り、チームの方向性をじっくりと見つめる時間を大切にしています。一日中いっしょの時間を過ごすのは、キャンプでしかない機会。どんな話が聞けるのかな、と毎回わくわくします。

今回は定常的に関わるメンバーで集まってのミニキャンプとなりました。遠隔での参加メンバーが4人と過去最多。東京・仙川のリアル会場7人と、金沢、名古屋、スペインのメンバーをGoogleハングアウトで結び、いっしょにさまざまなワークをしました。

今回特に重点テーマとしたのは、お互いを知ること、ENWの現在の全体像と今後の方向性を共有すること、そして、個人とENWのこれからの重なりが見えてくること、の3つでした。

初対面どうしのメンバーもいたので、まずはお互いを知るセッションからスタート。仕事について、ENWとのつながりについて、順番に語りました。

次にコワーキングセッション。オンライン参加のメンバーも含め、3つのグループに分かれて、アイデアを出したり、リサーチ結果を報告したりして、それぞれのプロジェクトを進めました。短時間でしたが、いっしょに仕事を進めることで、とくに仕事の面でお互いを知ることができ、今後遠隔ワークに戻ってもみんなの顔が浮かんできそうです。

ランチは、無農薬野菜を中心としたメニューがおいしいギャラリーカフェniwa-coyaへ。子育ての話題や、海外で経験した貴重な体験、普段の仕事のスタイルなど、さまざまな話になってあっという間の1時間でした。

午後は、チーム別で言葉を使わずにクイズの答えを考えるという、頭のちょっと違う部分を使うゲームで、エンジンをかけた後、遠隔でのコミュニケーションについて、感じていることを裏紙に一言ずつ書いて内容を説明し、みんなで共有しました。

十分に温まったところで、キャンプでは定番になりつつあるタイムラインを作るワークに。大きな真っ白い模造紙にマジックで横軸を引き、線よりも上にENWのこれまでのプロジェクト、メンバーが参加した時期、メンバーに起きた大きな変化などを、下には社会で起きた大きな出来事を時系列にみんなで書き出しました。リアル参加のメンバーが書き出している間、オンライン参加のみなさんは、ENWや各メンバーのエピソードで盛り上がっていて、聞いていると懐かしくて楽しかったです。

できあがったタイムラインをビデオでアップしながらみんなで振り返ったら、今度は自分のタイムラインを作成。個とチームを重ねるワークをしました。過去5年間で起きた自分にとってのターニングポイントを3つ、それから、今後3年間を思い描き、3ヶ月後、1年後、3年後の自分を想像して書きだして、みんなで語り合いました。

短い時間ではありましたが、お互いを深く知り合うことができ、またいっしょに働けるのが楽しみになりました。

実際にキャンプ場に行ってテントを立てて、という本格的なキャンプではないのですが(いつかしてみたい!)、研修でも会議でもなく、かといってレクリエーションや懇親会でもなく、やっぱりキャンプと呼ぶのがぴったり。キャンプファイアを見つめながら、個人のこれまでとこれから、チームのこれまでとこれからを語り合うような、そんな時間を過ごしました。

Share
カテゴリー: Uncategorized | コメントする

会社のメンバー同士を「さん」付けで呼ぶのは

ENWのブログで、ENWの仲間の名前を出すときに毎回、
「さん」を付けようかどうか 少しの間迷い、
結局思い切って付けています。

同じ会社のメンバー同士なのに
どうして「さん」を付けるのか。

ENWも会社ですが、
通常会社では、社外の人間に対して
社内の人間の名前は呼び捨てにするのが
言うまでもなく一般的です。

このことはよく「ウチ」と「ソト」の概念で
説明されますが、
ENWではメンバーが「個人」の立場で関わっているため、
この「ウチ」と「ソト」の感じ方が
ちょっと特殊なのかもしれません。

ENWでも、クライアントとのメールなどでは
ENWのメンバーに対して「さん」を付けませんが、
幅広い立場の方に読んでいただく可能性のあるこのブログや、
今後チームの仲間になる可能性のある方たちに向けた会などでは、
メンバー同士で「さん」をつけたほうが
私自身は落ち着きます。
この辺りの感覚はメンバーによってそれぞれ異なるとは思いますが。

組織によって、立場によって、状況によって、
自分自身が心地よく、相手にも不快を与えない方法を
常に探したいと思っています。

そのためには、慣習が役に立つこともあれば、
ときには新しい方法を考えることが必要なこともあるでしょう。

自分を型にはめず、相手のことも型で判断しない、
それは難しいことですが、 心がけたいと思っています。

Share
カテゴリー: Uncategorized | コメントする

数字の落とし穴

ENWでは、自主的な調査研究を応援する体制があり、最近、メンバーの一人が仕事中の電磁波対策について調べ、調査結果を共有してくれました。

その資料に示されていた参考書籍(*1)のひとつをパラパラ見ていたら、

「人口の2~3%が化学物質過敏症または電磁波過敏症(*2)である」

という記述が目に入りました。

日本ではどのくらいなんだろう、と思い、インターネットで調べてみたところ、電磁波過敏症の数値は見つかりませんでしたが、化学物質過敏症については2000年の調査で、可能性のある人は2%というデータが見つかりました(データ元:化学物質過敏症支援センター)。

この2%という数字を見て、私は初め、
「そんなに多くないんだな、まれにそういうことがあるんだ」
という印象を持ちました。
そして、自分が過敏症になることはまずないだろうと思いました。

しかし、2000年の日本の人口はどのくらいか調べてみると、
約1億2561万人(総務省統計局)。
この2%とは、約250万人という数です。

たとえば「ミリオンセラー」と言われた場合は、
すごくたくさんの人が買っているような感じがします。
「ミリオン(100万)」という表現が桁の大きい数字で、
感覚的に大きく感じるせいもありますが、
ミリオンセラーを出したその作家が好きで、
多くの人に読まれたと思いたいと感じている場合には、
その主観がさらに数字を大きく見せるように思います。

「2%」が小さく思えたのは、2という小さい数であるため、
感覚的に小さく感じるということもありますが、
今の便利な生活をやめたくない、自分は大丈夫だと思いたい、
という私の主観が入ったためだと思いました。

ミリオンセラーの100万よりも多い250万人という数字が
大した数ではないように思えてしまう。
これは危険な錯覚だと思い、さまざまな視点からこの数字を検証してみました。

先日乗った新幹線の1両あたりの座席数は20列✕5席=100席。
単純に考えて、過敏症の可能性のある人は一車両に2人。
(過敏症の人はそもそも乗ること自体ができないとは思いますが…。)

私が住む東京都府中市の人口は約25万人
過敏症の人の数はこの10倍以上。

日本で食物アレルギーを持つ人の割合は約1~2%(厚生労働省ウェブサイト)。
食物アレルギーの患者さんは多いと思っていましたが、
同じくらいの数の人に過敏症の疑いがあるということがわかりました。

このようにして考えていくうちに、
最初に持った「まれである」という印象が誤りだったと気付き、
数字には注意が必要だという教訓になりました。

なんらかの効果を狙って故意に表現が選ばれる場合もありますし、
主観によって無意識に勝手な解釈をしてしまうこともあります。
数字に限らず、事実やアンケート結果などでも、
もととなっている情報をさまざまな角度から検証することで、
誤った印象に基づく判断を避けるように気をつけよう、と思いました。

注:
*1) 「本当に怖い電磁波の話-身を守るにはどうする?」
(植田武智・加藤やすこ共著/金曜日刊)
*2) 電磁波過敏症と化学物質過敏症は、それぞれ電磁波と化学物質に過敏に反応する症状に苦しむ人のことで、頭痛やめまい、不眠、動悸、食欲不振、吐き気、嘔吐、皮膚のかゆみや赤み、集中力の欠如などさまざまな症状が出る。微量を繰り返しまたは一度に大量の電磁波や化学物質に被曝することで発症すると考えられているが、研究が進んでおらず、診療できる医師も限られ、周囲の理解が得られずに苦しんでいる患者も多い。

 

Share
カテゴリー: ENWの日々, Uncategorized | コメントする

【ソーシャルメディア・ウィーク報告】「企業の失敗例からの学び」

前回の記事「2012年以降のトレンド、ユーザー意識の変化」に続き、
今回は「企業ページの失敗例からの学び」についてご紹介します。

3つのプレゼンテーション
「米国でのマーケティングにおけるソーシャル価値及びソーシャルキャンペーン事例」
「ソーシャルメディアにおけるリスクとその対策」
「social media measurement」
の中で紹介されていた、企業の取り組み事例の中で、
特に失敗例から学べることについて考えてみました。

まずは成功とされる事例から

・ルノー
オランダで開催したモーターショーAutoRaiで、
来場者にfacebookと連動したIDカードを配布。
気に入った車にカードを通すと、自動的に
自分のfacebookページでシェアされるという仕組みです。
25万人の来場者の何割かがシェアをするだけでも、
数万~数十万人に情報が発信されることになります。

<参考>

watch?feature=player_embedded&v=TfwKJ97T9C0#

・カルビー
Calbee San Francisco店のグランドオープン時に、メインマスコットの
女性の名前を決定するコンテストをfacebook上で実施。
グランドオープニングイベント当日に発表するイベントを行い、注目を集めました。
<参考>
http://www.btrax.com/jp/our-work/showcase/calbee-shop/web-ja-JP/

失敗例としては、以下の事例が紹介されていました。
・Gap
Gapの新しいロゴをFacebookで発表。
サプライズ目的だったのですが、新しいデザインの評判が悪く、
元のデザインに戻してほしいなどネガティブなコメントが多数寄せられ炎上。
結局元のデザインに戻ることとなりました。
<参考>
http://mashable.com/2010/10/11/gap-logo/

・スターバックス
スターバックスのFlickrチャンネル上において、
「Does Starbucks allow photos in their locations?
(展内での写真撮影は許されますか?)」
というスレッドをファンが立てるも、これに対する
管理人、スターバックス側の対応が悪く、炎上。
<参考>
http://www.flickr.com/groups/starbuckscoffeecompany/discuss/72157622351418443/

・Tsutaya
震災直後、TSUTAYAの公式Twitterアカウントにおいて
「テレビは地震ばっかりでつまらない、そんなあなた、ご来店お待ちしています」
と発言。不謹慎だとして、Twitterや2チャンネルで炎上。
<参考>
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/110314/biz11031419320058-n1.htm

これらの事例を分析してみると、いくつかの特徴が挙げられます。

●成功例
・ユーザーの体験がすぐに反映される
・ユーザーとブランドが一緒に作って行く感覚がある
・ブランドは聞き手上手
・ユーザーに良いと言わせる仕組みがしっかりできている

●失敗例
・ファンのブランドへの価値や思いが解ってない
・リスクマネジメントが不十分
・運営体制の仕組みができていない
・目線がファンと対等ではない

次回は「CSRコミュニケーションとしての活用事例」について書きたいと思って
います。

Share
カテゴリー: Uncategorized | コメントする

MDGsからSDGsへ

Rio+20の議題の一つに、

「SDGs」

というものがあります。

2000〜2015年までの世界共通の目標として
定められたミレニアム開発目標(Millenium Development Goals)。

これが2015年で終わるにあたって、
ポスト2015の枠組みが必要になっています。

そこで、コロンビアとグアテマラ政府による提案によって、
MDGsを引き継ぎ、さらに発展させる

「SDGs」
つまり、
持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals)

を議論するもの。

提案は、

・2015年までに、SDGsとその報告メカニズムを策定。
そのために包括的なプロセスを立ち上げる。

・進捗は適切な指標によって測られ、2030年を達成目標として評価。

というものです。

新たな道しるべは、どのようなものになるのでしょうか。

参考記事
What after 2015 on the Global Development Agenda: MDGs to SDGs?

Share
カテゴリー: Uncategorized | コメントする