ENW流を創る」カテゴリーアーカイブ

「国境を超えた会社経営&チーム作り」スペイン発セッション

エコネットワークスでは、
幅広く外部の視点からのインプットを得ることを目的に、
不定期にミニセッションを開催しています。

テーマは、組織運営・チーム体制・サービス開発など。
セッションの企画・開催にあたっては、
主催者や参加者自身はもちろん、他者、社会にとって
価値あるものを生み出すことを目標としています

その一環として、
先日5月15日、日本時間16時半(スペイン時間9時半)から約1時間にわたり、
エコネットワークス・ミニセッションを開催しました。

今回のテーマは『国境を超えた会社経営&チーム作り』

スペインに居住しながら、アルゼンチンで業界第2位となる
不動産リスティングサイト を運営する、
英国出身Simon Bottingさんをゲストスピーカーとしてお招きし、
異国での会社経営や遠隔チーム形成に関するお話を伺いました。


(当日使用したパワーポイントより。)

代表のスペイン移転に伴う遠隔チーム形成に関して、

・遠隔チームとして機能するまでの道のりや、
・代表&スタッフそれぞれの役割、
・遠隔ワークをしているチームメンバーに対して、モチベーション管理で気を付けている点や、
・コミュニケーションや情報共有の仕方で工夫している点

などに関して、Bottingさんのご経験を共有いただきました。

(遠隔にいるスタッフとの日々のコミュニケーションで使用しているツールの紹介)

また、
・政情が不安定なアルゼンチンでのビジネスを安定した形で運営するために
 隣国の金融立国ウルグアイに会社登録をするなどのカントリーリスクヘッジにまつわる話から、
・郵便物などの管理や経理業務をどのように行なっているかといった具体的なお話も伺いました。

(セッションはGoogleハングアウトで参加者をつないで実施しました。)

当日は、エコネットワークスのコアスタッフや運営メンバー、そしてパートナー・メンバーが参加しました。

開催方法としては、開催地のスペインと日本をGoogleハングアウトでつなぎ
スペインから中継、セッションは英語で実施しました。

(スピーカーBottingさんと、スペイン‐日本 セッション中継の様子)

参加者から積極的に発言、質問が出たおかげで、お互いの経験から学び合える、
参加型のセッションになったと思います。

・セッション後、参加者からは、次のような感想がよせられました。
・I feel we’ve got a lot of hints and insights for our forthcoming challenges;)
 I’m especially impressed with your words “The team is everything.”
 I’d love to put more importance on communication with our team members.
・It was very insightful. Thanks!
・It was a great session, which sets the tone for our future online work!
・I really liked the slides and conversational presentation style.
Thank you so much for the ideas and time you put into!

今回、企画・運営を担当して、一つのテーマを軸に仲間が集まることで波及する、学びの広がり具合や、
セッションでの対話を通して明確になる各個人のテーマ、
それらを共有することで生まれる仲間との連帯感などについて、
テーマの内容以外にも視野が広がるセッションの有用さを実感しました。

ご参加くださったみなさん、ありがとうございました!
(運営パートナー 大田朋子@スペイン)

Share
カテゴリー: ENW流を創る | タグ: , , , , , , | 2件のコメント

ENW春合宿2012を行いました

ちょっと時間がたってしまっての報告になりますが、
先月、2日間にわたって「ENW春合宿2012」を行いました。

初日は、ENWのビジョン・ミッション・バリューの見直しや、
ENWが今後発信を強化していきたいブランドキーワード、事業戦略について話し合い、
2日目は、TSAメンバーのみなさん数名を迎え、
「TSA」をさらに発展させるためのブレストや課題共有などを行いました。
当日の写真などを交えつつ、今回は2日目をメインにご報告いたします。

「TSA(Team Sustaianbility in Action)」とは、
ENWが掲げる「チーム・サステナビリティ」の想いに共感し、
夢や理想の働き方の実現に向けて、「個」が積極的に関わり合いながら、
一緒に機会をつくっていくことを目指すプラットフォームです。

合宿では、「TSAとはなにか?」「TSAが担うべき機能」などについて
いくつかのワークを行いながら、意見交換を行いました。

まずはじめに、ポストイットと模造紙を使って、
各自が描いている「TSAのイメージ」を自由に発言し、共有しました。

その後、「5年後のTSAをイメージ」するワークを行いました。
TSAが5年後どのようになっているか、そこに自分がどう関わっているかを
「TSAがある雑誌で紹介されている」と想定して、
イラストとテキストでA41枚に表現し、発表し合いました。

紹介されている雑誌の種類、写真メインのページなのか、
それともドキュメンタリー風の記事なのかなど、みなさん内容が凝っていて
個性あふれるみなさんの発表を聞いているだけでわくわくしてきました。

最後に、TSAで現在検討している「相互コーチングセッション」のトライアルを実施。
「5年後の自分の姿」をテーマにペアになって相互ヒアリングを行い、
そこから見えてきたミッションやビジョンをみんなで共有する作業を行いました。

参加者の中には、初めてお会いする方もいたようですが、
事前のワークですっかり打ち解けたせいか、心の中から湧き出たものを自然に話すことができ
自分の夢や理想のあり方を再確認することができた、という声も。
相互コーチングの機能は、今後ぜひTSAのプログラムに盛り込んでいけたらと思いました。

今回、私は初めてENWの合宿に参加させていただいたのですが、
ENW流をより肌で実感することができ、個人的にとてもよい機会となりました。
みなさんが描く「TSAのイメージ」や「TSAに期待する機能」など、
しっかりヒアリングすることができましたので、
新しい仕組み、プラットフォーム作りに活かしていけたらと思っています。

TSAの進捗については、今後こちらでも随時ご紹介していきたいと思っています。

Share
カテゴリー: ENW流を創る | コメントする

盛和塾の学び 6つの精進

昨夜は、私が参加する「盛和塾」の勉強会でした。

盛和塾は、京セラ創業者の稲盛氏が主催する「経営者」のための集まり。
その教えは、「心を高める、経営を伸ばす」ということです。

20代後半、恩師に「お前の背骨は何だ」と問われ、
数年をかけて私は「経営者」を志すようになりました。

経営者として、そして人間として成長するということは
どういうことなのか。

この塾で共有する重要な考え方の中に、
日々すべき6つの精進というものがあります。

====================
6つの精進

誰にも負けない努力をする
謙虚にして驕らず
毎日の反省
生きていることに感謝する
善行、利他行を積む
感性的な悩みをしない
=====================

昨夜はとくにこのシンプルな言葉が
未熟そのものの私の心に深くしみいりました。

その教えに恥じない日々を、
と想いを新たにしました。

盛和塾 東京

Share
カテゴリー: ENWの日々, ENW流を創る, 小林 一紀 | コメントする

常識という名の「催眠」

 

今読んでいる本に、はっとする一節がありました。

 

(以下引用)—・—・—・

常識という名の「催眠」

世界には一夫多妻制の国があります。

籍を入れない国があります。

仕事の合間に昼寝をする国があります。

15時以降、仕事をしない国があります。

車の車検がない国があります。

 

このように、何が正しくて、何が間違っているのか。

それは国によって違うのです。

 

つまり常識というのは、ないのです。

 

(続く)

—・—・—・

(引用終わり)

『想像して創造する』(尾崎里美著、カナリア書房)より

 

どれも例外なく激論を招きそうですが(笑)

自分の常識は「催眠」かも知れない。

そう思うと、他者へも謙虚になれる気がします。

 

 

 

Share
カテゴリー: ENWの日々, ENW流を創る, 多様な個の参加/Inclusiveなチームづくり, 小林 一紀 | コメントする

多様なメンバーが有機的につながる場作り ENWカフェ

takeshi.jpg by Takeshi Nozawa

先日、自律的に付加価値を生むチーム作りの一環として、
「ENWカフェ」なる取り組みにチャレンジしてみました。

ネットワーク型の組織を志向するENWでは、
1つのプロジェクトに様々な専門性を持ったメンバーに
入っていただくことで、価値を生み出していくことを目指しています。

ただ、多くの人に関わってもらおうとすればするほど、
なかなか一同が同じ時間・同じ場所に会することが難しくなります。

そこで試みたのが、今回の企画です。

ENWのメンバー3名がホストとなり、
現在進行中の2つのプロジェクトに関わってくださる
メンバー6名に14時半~18時の都合のいいタイミングで
打ち合わせ場所のカフェに来ていただきました。

2つのプロジェクトのmtgが同時進行。
メンバーが来る時間もバラバラ。
お互い初対面。
プロジェクトに対する理解もまちまち。
6名の内半数は外国人メンバー。
言語は英語と日本語。
世代・背景も学生からプロコンサルタントまで様々。

そのような状況の中、
来ていただいたメンバーの知見を最大限に生かしながら、
アイデアを出し合い、企画・チームを1つにまとめていく。

そんなことを試みてみました。

参加するメンバーがリラックスしながら、
使える時間の中でそれぞれの知見を最大限に活かし、
有機的な形でつながり、アイデアを発展させていく。
そんな空間作りを目指しています。

まだまだ試行錯誤ですが。。。
(写真を撮る余裕もありませんでした。汗)

ENW流のスタイルとして確立していきたいと思います!

次回は2月末に開催予定です。

Share
カテゴリー: ENW流を創る | コメントする