ENWカフェ」カテゴリーアーカイブ

9/19(水)「日中働き方開拓ワークショップ」を開催します!

パートナーである「日中市民社会ネットワーク(CSネット)」さんとのコラボレーションで、
日本と中国の働き方について考えるワークショップを行います。
若干名、バーチャルでの参加も可能です。ご関心ある方はこちらまでご連絡ください。

【イベント詳細】
日中働き方開拓ワークショップ
日時:2012年9月19日(水)18:30~
会場:根津スタジオ(詳しい場所はこちらから>>

テーマ:
・中国の文化を背負って、日本で働くということ
・日本の文化を背負って、中国で働くということ
・その文化の垣根をこえてどんなスタイルを築きたいか
について話し合います。

当日は、日本で留学・仕事をしている人と、中国で留学・仕事をした経験のある人が集まり、日々感じる「異文化」を語り合い、どのように文化の垣根を乗り越えていけるのかについてともに考えていきます。

メディアなどで断片的に取り上げられている領土問題の背景にある個々の文化的な違いなど、より深い部分にも触れられると、発見が多くあるような気がしています。
一般論だけでなく、個人の経験を踏まえて、日々の生活や仕事における具体的な課題をどう乗り越えていけるか、参加者のみなさんと一緒に考えてみませんか?

Share
カテゴリー: ENWカフェ | コメントする

ENWカフェ vol.6 with GISスペシャリスト・満永朝輝さん

ハワイ在住で、GISスペシャリストとしてご活躍中のTSAパートナー、満永朝輝さんを迎え、第6回ENWカフェを開催しました。

場所は、港区エコプラザにて開催しました。GISの参考資料やサイトを見ながら、和気あいあいとした雰囲気の中で満永さんにいろいろお聞きしました。

今回は、満永さんの専門分野であるGISのお話をメインに、
後半はハワイのワークスタイルについてお聞きしました。

GISは、地理情報システム『Geographic Information System』の略で、
地理に関連づけられた様々な情報を作成、加工、管理、分析、可視化、共有するために情報システムと組み合わせたコンピューターシステムのこと。

身近な例でいうと、コンビニの出店場所を検討する際に、競合店舗の分布や時間別の人口分布をマッピングしたり、動植物分布と森林分布などを重ねてマッピングして自然環境の解析を行うなど、GISはさまざまな場面で状況把握・意思決定のツールとして利用されています。

GISスペシャリストというお仕事では、まずどんなアウトプットをゴールとするかを決め、そのために必要なデータ収集や解析、データベース化などを行っていくそう。プロジェクトは、半年から長いものは数年にまで及ぶものが多く、データ収集の際には、文化人類学者や生物学者などその分野の専門家とともにフィールドワークをしながらデータを収集することもあるそうです。

今後ますますの発展が期待される分野のお話に、参加者一同興味津々でした。

そして後半は、ハワイでのワークスタイルについてお聞きしました。
リゾート地でのんびりした印象が強いハワイですが、意外にも「メリハリをつけて、しっかり働く」人が多く、残業はほとんどしないようです。

満永さんの職場には、満永さんのほか、カナダ人、中国人のスタッフもいるとのこと。多様性に幅のあるチームでプロジェクトを進める上で大切なポイントをお聞きしたところ、「決定事項はクリアにして曖昧さを残さず、必ず文書化しておくこと」に尽きるそうです。

現在は、独立に向けて準備を進めている満永さん。
今後は、ハワイをホームベースにしつつ、場所によらず働くスタイルを確立し、将来的には地元九州は熊本県の町おこしプロジェクトなどにも関わっていきたいとのことでした。

あっという間の1時間でしたが、「GISとはなにか?」の初級編として、GISで広がる世界の理解を深めることができた有意義なカフェでした。

Share
カテゴリー: ENWカフェ | コメントする

第6回ENW Cafeのお知らせ

第6回ENW Cafeのお知らせです。

今回のゲストは、現在ハワイ在住で、GISスペシャリストとしてご活躍中の
TSAパートナー、満永朝輝さん。
ちょうどご帰国されるということで、「GIS」とハワイのワークスタイルを
テーマにお話いただきます。

参加をご希望の方は下記までご連絡ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
▼第6回 ENW Cafe開催のお知らせ

【日時】2012年5月29日(火)16:00〜17:00
【場所】エコプラザ@浜松町

【テーマ/ゲスト】
「GIS入門セミナー〜地理情報を重ねることで何ができる?〜」

テーマ:
・「GIS」入門編
「GISとは?」から、「GIS」の活用事例について、より身近な例をあげながら
初心者にもわかりやすく解説していただきます。
・ハワイでのワークスタイル
ハワイと日本で仕事をする上で気をつけていることや、
日本とハワイでの「仕事感」の違いなどについてざっくばらんにお伺いします。

・ゲスト・満永朝輝さんプロフィール
熊本出身。高校を卒業してしばらくした後、カリフォルニアへ留学。
環境地理学を学び、在学中、ENW代表小林と出会う。
大学卒業後、ライフガードの職を探しにハワイへ。コンピューターの会社へ就職。
システム・エンジニアなどの仕事をし、その後、環境エンジニアの会社に転職。
GISを使っての環境アセスメントや環境開発や保全等のプロジェクトに従事。
現在、独立準備中。

・参考情報:「GISとは?」
地理情報システム『Geographic Information System』の略。
「地理情報(位置に関連づけられた様々な情報)を作成、加工、管理、分析、
可視化、共有するために情報システムと組み合わせたコンピューターシステム
として、さまざまな場面で利用されています。詳細はこちらから↓
http://www.esrij.com/

【参加申し込み】
当日は、会場とgoogle+でのバーチャル参加を、
それぞれ若干名募集いたします。
(会場参加の方は、飲み物代は各自ご負担ください)

参加をご希望の方は、下記の情報を記載の上、
こちらのメールまでご連絡ください。
小野宛 info[at]econetworks.jp

ーーーーーーーー
・お名前
・当日連絡のつく電話番号
・満永さんにお聞きしたいこと、今回のカフェに期待すること
ーーーーーーーー

【ENWカフェとは・・・】
様々な経験やスキル、考え方をもつ方と知り合い、
「個」と「個」のネットワークを広げて行く場です。
月に1〜2度、ケータイもPCもオフにして、リラックスしながら
少人数で開催しています。
これまでの様子はこちらでご覧になれます。

Share
カテゴリー: ENWカフェ | タグ: , , | コメントする

ENWカフェ vol.5 with スペイン語翻訳者・サンチョさん

spain-team.jpg
photo by agustin271073

第5回のゲストはスペイン語翻訳者のサンチョさん。
スペインにお住まいのため、
初めてのスカイプでのカフェです。

(もはやカフェと言えるのかという疑問もありますが。。。)

サンチョさんは日本でフリーの特派員として
5年ほど働いた後、現在はバレンシアから電車で
1時間のところにある人口1700人ほどの小さな村に住みながら、
スペイン語・日本語の翻訳を専門に、ほぼバーチャルで仕事をされています。

剣道からアニメまで幅広く日本の文化に精通しており、
過去にはアニメ「ゼルダの伝説」や映画「思い出ぽろぽろ」などの
翻訳実績をお持ちです。

今回のカフェでは、
「スペインのカルチャー、ワークスタイルを理解する」をテーマに、
お話を伺いました。

—————-
●スペイン人と働く上で知っておきたいこと

悪い面
・周りの空気を考えず、平気で文句を言う。
・我慢しない。
・失敗したらすぐに言い訳をする。
・相手のお話を聞くより、自分の意見を先に言う。
・人のつながりやコネがないと、組織にに入りにくい。

良い面
・ユーモアや冗談が多く、上下関係にも余裕が生まれる。
・形やルールに余りにこだわらず、発想が面白い・新鮮。
・最初から計画を細かなところまで決めず、柔軟性がある

●1日のワークスケジュール
9時~10時 仕事スタート
11時~11時半 おやつ休憩。その後14時まで仕事。
14~15時半 お昼休憩。20時頃まで仕事。
20時~ 夕食

●スペインと日本の接点
漫画・アニメ・ゲーム
フラメンコ・ギター
料理 パエリア・和食 
サッカー・武道

40代以上はあまり詳しくなく、
若い世代は日本のことをネットでよく知っている。

●環境ホットイシュー
再生可能エネルギーは重要なテーマ。
スペインの5つの主要環境NGOがマニフェスト作りを
リードしているが、政権交代・経済危機により
環境政策の衰退が続くことが予想される。

●政治・経済の状況
12月に行われた選挙でスペイン社会労働党から
スペイン国民党に政権が交替し、ラホイ新首相が就任した。

深刻な財政危機に直面しているが、
「製造業と輸出産業の弱さ」が最大の問題という指摘も。

スペインの若者の失業率は46.1%と非常に高く、
ウォール街のデモが起きる前から
ソーシャルメディアで集い都市の広場で座り込みを行っていた。
—————-

1時間ではとても語りきれない大きなテーマでしたが、
スペインという国が少しリアリティを持って
理解できた気がします。

多文化・多言語チーム作りに向けて、
こうした知識と、実際の仕事の経験とを積み重ねていきたいと思います。

Share
カテゴリー: ENWカフェ | タグ: , , , , | コメントする

ENWカフェ vol.4 with 障がい者就業・雇用支援センター三浦さん

東京都障害者IT地域支援センター(ITC)
photo by jetalone

ENWカフェ第4弾は
障がい者就業・雇用支援センター理事・事務局長の
三浦さんを訪ねて、障がい者雇用の現状と可能性について
お話を伺ってきました。

障がい者就業・雇用支援センター
http://www.homework.or.jp/

障がい者と企業の双方に対して支援を提供し、
雇用する/されるためのトレーニングや
マッチング、入社後フォローまでを行われています。

データベースに登録されている方の
1/3は在宅希望、1/3は通勤でも在宅でも、1/3が通勤希望
ということで、在宅勤務のニーズは高いといえます。

ネットパトロールなど、企業側の在宅勤務の需要も
増えてきてはいますが、需給ギャップは
やはりまだまだ大きいです。

とはいえ在宅勤務で働くことの難しさもあります。

絶対的なコミュニケーション量が少なく
1回の密度が高いため、一定の
コミュニケーション・スキルが要求されること。
対人関係にセンシティブになっている中で
傷ついてしまったり、疎外感を感じたり。
スキルアップの機会がなかったり。

気づきとしては、こういった悩みは、
在宅で働く多くの人が感じていることで、
健常者であれ障がい者であれ、
同じような課題を持っているんだということ。

エコネットワークスで培ってきた働くノウハウを
何かしらの形で活して、テーマの1つである
多様な「個」と働くを実現していきたいと思います。

Share
カテゴリー: ENWカフェ | コメントする