行動のダイナミズムを生み出す、連続的な対話と関わり合い

伝えること、対話することの最終ゴールは、相手の行動、さらには自分の行動を変えていくこと。相手のことをしっかりと知り関わりあっていく「エンゲージメント」の観点から、幾多の行動を生み出していく、双方向の連続的な対話・関わり合いをご支援します。

  • 1 分野や部門の壁を超えて

    異分野や部門、言語や文化を超えて、適切な対象やパートナーと瞬時につながり、壁を超えていくネットワークとチームを構築していきます。

  • 2 ゴールに向けて前向きに

    日々のチームアプローチで実践しているファシリテーションの技法を駆使し、議論の促進役としてゴールに向けた前向きな力を引き出す対話を進めていきます。

  • 3 行動の変化に併走する

    どこに辿りつきたいか?に常に立ち返りつつ、行動のモチベーションと阻害要因を見極め、自他の変化に伴走し、行動のダイナミズムを生み出していきます。

Approach

アプローチ

ゴールイメージを創造しながら、行動変化に伴走します

ねらいや対象、期間、規模・予算感に応じて、各手法の長短を吟味し、自他の行動変化を可能にする、適切なエンゲージメントの体系をご提案します。

Works

プロジェクト事例