フェアトレード」タグアーカイブ

身も心も社会も豊かになる商品に光をあてる「ソーシャルプロダクツ・アワード」 【11/30応募〆切】

social_products

障がいの有無を問わず誰でも持ちやすい形にデザインされた、
会津塗りのお椀。
インド西ベンガルの女性がサリーをアップサイクルして作る、
カンタ織りストール。
焼却しても有毒なガスが出ない植物由来の繊維でできた、
土中で自然分解するエコバッグ。

食品から化粧品、日用品、家具まで、
昨年の受賞商品には様々なものが並んでいます。

生活者に身近な商品を通じて持続可能な社会づくりを目指す
「ソーシャルプロダクツ・アワード」が、
今年のエントリー商品を募っています。

ソーシャルプロダクツ・アワード2016
http://www.apsp.or.jp/spa/ 

「ソーシャルプロダクツ」という言葉は
イメージできるようでいて聞き慣れない言葉ですが、
主催する一般社団法人ソーシャルプロダクツ普及推進協会では
次のように定義しています。

「ソーシャルプロダクツとは、企業及び他のすべての組織が、
生活者のみならず社会のことを考えて作りだす
有形・無形の対象物(商品・サービス)のことで、
持続可能な社会の実現に貢献するものである。」

具体的には、
「エコ(環境配慮)」「オーガニック」「フェアトレード」
「寄付つき」「地域や伝統に根ざしたもの」など、
購入することでよりよい社会づくりに貢献できる
人や地球にやさしい商品・サービスの総称です。

同協会の専務理事・事務局長である中間さんは
「ソーシャルプロダクツはつながりを生むもの。
生活者が商品を通じて社会や生産者とつながるもの」

だとお話されていました。

つながりという視点でこれまでの受賞商品を見ると、
「誰が関わっているのか」が見える商品が多いように思えます。
地域の農家さんや商品開発に関わった高校生、
製造に携わる途上国の女性、障がい者施設の利用者など、
商品の先に人の気配が感じられるようです。

審査にあたっては「社会性」と「商品性」に加え、
「商品に付随するストーリーや仕組み」が評価されます。

「ストーリーなくしてソーシャルとは言えない。」

社会の課題を解決したいという強い思いが…

Share
カテゴリー: 注目のキャンペーン | タグ: , , , | コメントは受け付けていません。

ネスレのチョコレートが児童労働で作られている、のニュース裏側を見てみると

「ネスレのチョコレートが児童労働によって作られている
(Nestle chocolate is produced from child labor)」

こんなニュースのヘッドラインを目にし、
気になって背景を調べてみました。

というのも以前、ネスレがカカオ豆の持続可能な調達を目指す
NESTLÉ COCOA PLANの一環として、
グローバル食品企業で初めて、
人権・労働問題に取り組む米国NGO Fair Labor Association(FLA)と
パートナーシップを結び児童労働に取り組んでいく、
というニュースを耳にしていたからです。

よくよく調べてみると、
グローバル企業がNGOに批判されている、
という単純なものではありませんでした。

同社がFLAにサプライヤー監査を依頼し、
問題点が多数見つかったので、ネスレはアクションプランを発表し、
今後協力して取り組んでいく、という一連の動きのようです。

ネスレが児童労働に対する取り組みを強化、
としてCNNでもその様子が取り上げられています。

FLAがネスレのカカオの主な調達地であるコートジボワールを訪問。
30のカカオ協働組合、87の農場、460人以上のインタビューを行った結果、
同社のこれまでの取り組みにも関わらず、長時間労働や安全違反など
サプライヤー基準に対する違反が多数見つかり、依然
児童労働が存在している実態を明らかにしました。

FLAはネスレに対して11の勧告を行い、
同社はそれらを踏まえたアクションプランを発表。…

Share
カテゴリー: ステークホルダーとのエンゲージメント, 働く人の権利と基本的人権, 持続可能なサプライチェーン | タグ: , , , , , , | コメントする

余ったツイートの文字数をフェアトレードのために寄付しよう Fair Tweets

5月14日の「世界フェアトレード・デー」にあわせて、
米国のアイスクリーム・ブランドBen & Jerry’s (ベン・アンド・ジェリーズ)が
ツイートの余った文字数をフェアトレードの認知拡大に
寄付しようと呼びかけたことをご存知でしょうか。

Fair Tweetsと題したこのキャンペーン。
http://fairtweets.com/

どういうことかというと・・・

このアプリケーションを使うと、
ツイートの余った文字数に自動的に
フェアトレードを拡散するメッセージが追加される、
というものです。

たとえば100文字のツイートをしたら、
余っている40文字相当のメッセージが、という具合。

使っていない文字数を「もったいない」と思う発想、
面白いです。

tweet.jpg
tweet2.jpg
tweet3.jpg

Share
カテゴリー: 注目のキャンペーン | タグ: , , , | コメントする

Join the Revolution 英Co-operativeの中長期目標

小売業でイギリスで5番目に大きなCo-operativeグループが
サステナビリティに関する「ETHICAL OPERATING PLAN」を発表しました。

同グループは食品、金融、旅行、薬品、葬儀など
幅広い分野で事業を展開しており、
150年の歴史と生協としては世界最大の600万人の会員を誇ります。

これまでもフェアトレードなどの分野で
先進的な取り組みを進めてきたCo-operativeグループですが、
今回は「Join the Revolution」と自らが宣言しているように、
意欲的・大胆な目標が並びます。

cooperative.jpg
Join the Revolution
http://www.co-operative.coop/join-the-revolution/

対象分野は8つ:
・環境
・民主的管理
・コミュニティ
・責任ある小売
・エシカルファイナンス(倫理的金融)
・協同組合
・世界の貧困
・若者

●2020年までに会員数2000万

●2013年までに300店舗増やす

●2017年までにエネルギーの25%を再生可能エネルギーに

●2013年までに、途上国からの一次産品の90%をフェアトレード認証に

●2013年までに若者の教育支援プログラムに3000万ユーロを投資

●2500万ユーロをマイクロファイナンスに融資

など、経営面と環境・社会面の目標が1つの包括的な
戦略の中に織り込まれ、強いリーダーシップの下に
取り組みが進められています。…

Share
カテゴリー: 中長期ビジョンと指標/KPI | タグ: , , , , , , , , | コメントする

ミニストップが扱うアジア初フェアトレード認証バナナ

Photoshopping
photo by Lili Vieira de Carvalho

アジアで初めてフェアトレード認証を受けたバナナの
販売がミニストップで始まります。

アジアで初めて
フェアトレード認証を受けた「バナナ」新発売!
http://www.ministop.co.jp/company/newsrelease/download_pdf.asp?ID=407

フィリピン・ミンダナオ島で栽培された、
ヨシダファームのバナナ。
日本からの移民だったファームオーナーの
お祖父さんの苗字がファーム名の由来だそうです。

ミニストップではその他にも
コーヒー、チョコ、マンゴーといったフェアトレード商品を
取り扱っています。

海外ではココア農家の支援に、
英国の菓子大手Cadbury(キャドバリー)が積極的に取り組んでいます。

Cadbury Cocoa Partnership
http://collaboration.cadbury.com/ourresponsibilities/cadburycocoapartnership/Pages/cadburycocoapartnership.aspx

Cadbury Cocoa Partnershipはココアの持続可能な生産・消費を目指し、
ガーナやインド、インドネシア、カリブ諸国のココア生産農家を
UNDPや現地NGOとの協力により支援。

・生産量や品質向上にココア農家の生計向上
・マイクロファイナンス等の支援による新しい収入源の創出
・安全な飲料水の確保などのコミュニティ開発投資
・農家、政府、NGOとのパートナーシップ
が4つの取り組みテーマです。

生態系の原則に沿った経済作りを考える視点として、
特定の農産物や生物にフォーカスした取り組み事例を
追っていきたいと思います。…

Share
カテゴリー: 生態系の原則に沿った経済と生物多様性 | タグ: , , , , , , , | コメントする

官庁・企業・市民によるフェアトレードコーヒー調達支援

I love coffee, especially Monday morning...
photo by albaflickr

先日、ブラジルのフェアトレードコーヒーの品質を
競う”Brazil Coffee Cupping Competition 2010″が開催されました。

USAID, Walmart, TransFair USA and SEBRAE-Minas Gerais Sponsor Brazil Coffee Cupping Competition
http://www.transfairusa.org/content/about/pr/pr_091120.php

これはウォルマート(Walmart)、米国国際開発庁USAID、
TransFair USA、ブラジルのNPO SEBRAEの4者が協力して取り組む
「責任ある調達プログラム(Responsible Sourcing Partnership)」
の一環として行われたもの。

表彰を行うことで、農家の努力を称え敬意の念を示しています。

同プログラムでは、ブラジルのコーヒー農家の生計向上を目的に、
インフラ投資や生産・加工段階の技術支援、教育を提供することで
フェアトレード認証コーヒーの品質向上を支援しています。

2007年~2010年の3年計画で総額190万ドルが拠出され、
5000人のコーヒー農家を支援しました。

2008年の統計では、米国のフェアトレードコーヒー輸入量は30%増加し、
現在でも増え続けているそうです。

官庁-企業-市民がパートナーシップを組み、
壁を越えて取り組んでいる事例です。…

Share
カテゴリー: 生態系の原則に沿った経済と生物多様性 | タグ: , , , , | コメントする

フェアトレードの現状-33カ国の比較分析

2007年に発表された、世界33カ国の
フェアトレードに関する状況を調査した報告書があります。

Fair Trade Advocacy “Fair Trade 2007”
http://www.fairtrade-advocacy.org/documents/FairTrade2007_newfactsandfigures.pdf

Fairtrade Labelling Organisations Internationalなど、
国際的なフェアトレード機関が委託し、
オランダの調査会社が作成しました。

2007年度時点でのフェアトレード市場は、
総額で26億5000万ユーロ。
米国と英国がそれぞれ30%ずつを占めます。

EUや米国の状況と比較すると、
「フェアトレード」という言葉の認知度の低さなどにより、
日本の取組みは遅れていると指摘されています。

主要なフェアトレード団体として紹介されているのは、
オルター・トレード・ジャパン、ピープル・ツリー、
ネパリ・バザーロの3団体。

ピープル・ツリーのサフィア・ミニ-さんは先日、
イギリス政府より大英帝国勲章第5位を授与されました。
Queen’s Birthday Honours List 2009
http://www.direct.gov.uk/en/Nl1/Newsroom/DG_178690

フェアトレードへの取組みが評価されての授与。
勇気をもらいます。

fairtrade.jpg

Share
カテゴリー: 生態系の原則に沿った経済と生物多様性 | タグ: , , , , , | コメントする