トヨタ」タグアーカイブ

アップルもIKEAもH&Mも 再エネ100%が当たり前の世界へ

Beautiful Wind Turbine for Renewable  Electricity Generator
photo by epSos .de

「ビジネスで使用する電力のすべてを再生可能エネルギーでまかなっています」

もう10年もすると、こう宣言する企業が
多くみられるようになるのではないでしょうか。

RE100%という動きがあります。
使用電力を100%再生可能エネルギーに転換することを目指す
企業によるイニシアチブで、2014年に立ち上がりました。

RE100%
http://there100.org/

初期の参加企業は、IKEAやH&Mなどのスウェーデン企業、
英国の通信大手BT、スイスの再保険会社SwissRE、
ネスレやフィリップスなど12社。

今年9月には新たにスターバックスやウォルマート、
P&Gやジョンソン・エンド・ジョンソン、ゴールドマン・サックス、
ナイキなどが参加を表明し、現在は40社にまで拡大しています。

参加企業は使用電力を100%再エネにすることを年限付き目標とともに宣言します。

達成年度は2020年、2025年、2050年と参加企業によってまちまちですが、
すでに達成している企業もあります。

再エネ100%という壮大な目標。
のようにみえますが、各方面を見渡してみると、すでに様々な動きが出てきています。

なかでも進んでいる業界の一つが、IT業界です。

膨大な電力を消費するデータセンターをグリーンにしようと
呼びかけるグリーンピースのキャンペーンなどもあり、
GoogleやFacebookなどが続々と反応。
再エネへのシフトを宣言しました。

グリーンピースのCool IT キャンペーンについて
http://www.greenpeace.org/japan/ja/campaign/energy/cool_it/

(個人的にはFacebookに働きかけたこの動画が似ていて好きです)

ものづくり企業でも同様の動きは出てきています。
Hondaはブラジルで立ち上げた生産工場をすべて
再エネでまかなうべく、風力発電所を立ち上げました
先日発表されたトヨタの長期環境目標でも、
生産工程での消費エネルギーを100%再エネと水素にするとしています。…

Share
カテゴリー: 中長期ビジョンと指標/KPI | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , | コメントは受け付けていません。

Fortune発表 「世界を変える企業」50社

8671656806_2817567b0b_z
photo by George

フォーチュン誌が先日発表した、
「世界を変える企業」リスト(Change the World list)。

競争戦略の一部として国際的な社会課題・環境課題に取り組み、
大きなインパクトをもたらしているCSV先進企業50社が紹介されています。

Change the World list
http://fortune.com/change-the-world/
Introducing Fortune’s Change the World list: Companies that are doing well by doing good
http://fortune.com/2015/08/20/introducing-change-the-world-list/

1位はアフリカでモバイル金融M-Pesaの普及に取り組むボーダフォンとサファリコム。
続いてグーグル、トヨタ、ウォルマート、エネル(イタリア、電気)が並びます。

事業を通じた利益追求が社会課題解決に最もインパクトを与えうるという
資本主義の「よいことをする力」を積極的に評価する試みで、
選出にあたっては、マイケル・ポーター教授らが立ち上げた
CSVのコンサルティングを行うFSGとShared Value Initiativeが協力。

以下の4つの基準で評価がなされています。
・事業イノベーションの度合い…

Share
カテゴリー: サステナビリティ・CSV経営とガバナンス | タグ: , , , , , , , , , , , , | コメントは受け付けていません。

サプライチェーンの排出量開示促進へ EICCとCDPがタッグ

14090438714_33bec862fe_z
photo by Flazingo Photos

エレクトロニクス業界のサプライチェーン状況改善に取り組む
EICC(電子業界CSRアライアンス)とCDPが
サプライチェーンプログラムで協働することが
2月末に発表されました。

EICC Becomes First Industry Group to Partner with CDP on Supply Chain Greenhouse Gas Initiative
http://www.eiccoalition.org/news-and-events/news/eicc-cdp-partner-on-supply-chain-ghg-initiative/

EICCは、HPやIBM、ソニーなどによって2004年に立ち上がった団体で、
電子機器業界のサプライチェーンにおける労働安全管理や
紛争鉱物、環境負荷削減に関して行動基準を策定し、
サプライチェーンの状況改善を推進しています。

一方のCDPは、ご存じのとおり、
企業の気候変動の取り組みを評価し(最近では水や森林も)、
投資判断に使う情報として投資家等に提供しているNGOです。

今回、EICCは業界として初めてCDPの
「サプライチェーンプログラム」に参加します。

CDPのサプライチェーンプログラムとは、
サプライチェーンに対する排出量の開示要請を
メンバー企業にかわってCDPがまとめてサポートすることで、
回答率を高め、取り組みを促すもので、
ウォルマートやVodafone、コカ・コーラなど60社以上が参加しています。

背景には、サプライチェーンにおける排出量削減に向けた動き、…

Share
カテゴリー: コミュニケーション/レポーティングのこれから | タグ: , , , , , , , , , , , , , | コメントは受け付けていません。

世界主要企業の2050年ビジョン 「Vision 2050」

ちょうど1年前になりますが、
主要グローバル企業によって構成されるWBCSDから
2050年の世界ビジョンを展望する「Vision 2050」が発表されました。

vision2050.jpg

Vision 2050: The new agenda for business
http://www.wbcsd.org/templates/TemplateWBCSD5/layout.asp?type=p&MenuId=MTYxNg&doOpen=1&ClickMenu=LeftMenu

Alcoa、PricewaterhouseCoopers、Storebrand、Syngentaを
はじめとする14業種29社のグローバル企業が中心となり
18ヶ月以上に及ぶ20カ国200以上の企業とステークホルダーとの
対話を経て完成されたこの報告書。
(日本企業からはトヨタやソニー、東京電力、大阪ガスが参加)

2050年に90億人が良く生きられる
持続可能な社会の構築に向けた、
国際的/地域的な課題とロードマップ、
ビジネスチャンスについてまとめられています。

・特に女性の教育・経済のエンパワメントと、
環境負荷の少ないライフスタイルの浸透

・炭素や生態系などの価値を組み込んだシステム構築

・土地利用を増やさずに生産量を倍増する農表

・森林伐採の防止と人工林からの生産量増加

・2020年までにCO2排出をピークとし、2050年までに2005年比で半減

・世界全体での低炭素モビリティの提供

・資源効率を4~10倍へ

といった大きな展望の下、9つの分野について、
10年単位でのロードマップが示されています。

「私たちはすでにVision 2050を達成するに十分な知識や技術、スキルを持っている。
あとは次の10年で、資源と能力を十分に集中するために、
国際的なアクションを実行に移せるかだ。」
(WBCSD President Bjorn Stigson)

先日ご紹介したこちらの動きなど、…

Share
カテゴリー: 中長期ビジョンと指標/KPI | タグ: , , | コメントする

エコドライブ促すToyotaのアプリ ”A Glass of Water”

Water Glass Light Shadow
photo by blmurch

車のダッシュボードに水が入ったコップを乗せて、
水がこぼれないように注意してドライブしよう。。。

楽しくエコドライブすることを促すiPhoneアプリ
”A Glass of Water” がトヨタからリリースされています。

Toyota Europe ”A Glass of Water”
http://www.aglassofwater.org/en

このアプリを使うと、水を入れたコップが表れ、
ドライバーは中の水をこぼさないように注意して車を運転します。

Water Glass Light Shadow

そうすることで、急加速や急ブレーキを抑えた
エコドライブをドライバーに促します。

アプリが走行距離や走行時間、平均時速、
アイドリング時間などを自動的に計測。
今回の運転で何ccの水がこぼれたかを計算してくれます。

このアプリを使って、燃料消費を10%減らす
チャレンジへの参加が展開されています。

トヨタのゼロエミッション・ビジョンの取り組みの一環として
楽しみながらユーザー参加を促すこのチャレンジ。

2010 Green Awardsも受賞しています。
http://www.greenawards.co.uk/

Share
カテゴリー: 注目のキャンペーン | タグ: , , , | コメントする

グローバル100 今年の100社

スイスのダボスで行われていた「世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)」において、
「世界で最も持続可能な100社(グローバル100)」が発表されました。

The Global Top 100
http://www.global100.org/2009/index.asp

グローバル100とは、環境・社会・ガバナンス(ESG)の
リスクと機会に対するマネジメントの度合いを評価し、
世界の1800社の大企業から100社を選出したリストです。

アメリカの調査会社のイノベスト社が、
2005年から毎年発表しています。

選出された企業は、100%持続可能であることを意味するわけではなく、
こうして持続可能性の分野において顕著な取り組みをしている
企業をリストアップすることで、全体としての枠組みを
作っていくことに目的があるようです。

「世界の持続可能な企業トップ100」を巡る論争
http://gpress.jp/csrnews/archives/2006/02/13-143354.php

今年、日本からは以下の15社が選ばれています。

・イオン
・ダイキン
・JR東日本
・ホンダ
・クラレ
・三菱重工
・日本郵船
・NTTデータ
・NTTドコモ
・パナソニック
・リコー
・積水化学
・損保ジャパン
・凸版印刷
・トヨタ

リコーは今年で5年連続の受賞になるそうです。
損保ジャパンは保険業界で初めての選出です。…

Share
カテゴリー: サステナビリティ・CSV経営とガバナンス, 世界のホットニュース | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , | コメントする

企業の評判を数値化~米企業評判指数~

<ランキング②>

アメリカの企業評判指数というものがあります。
これは企業に対する評判を数値化し、
順位付けしたもの。

まず回答者に最も評判が高いまたは低い企業を
2社あげてもらいます。次に、多かった60社について、
製品/サービス、財務業績、
ビジョン/リーダーシップ、職場環境、
社会責任、感情への訴求力を評価し、
“Reputation Quotient(RQ)”として表します。

この調査はアメリカのHarris Interactive社が行っているもの。
こちらで2006年度版の結果が見られます。
http://www.harrisinteractive.com/news/allnewsbydate.asp?NewsID=1170

1位はマイクロソフト
2位はJohnson&Johnson
3位は3M Company

日本からはソニー(8位)、トヨタ(9位)、
ホンダ(14位)が入っています。…

Share
カテゴリー: 世界のホットニュース | タグ: , , , , , , | コメントする

視覚に訴えて行動変化を促す~トヨタ・プリウス~

<消費者とのコミュニケーション①>

消費者とのコミュニケーション、ということで
真っ先に頭に浮かぶのはトヨタのプリウスの事例ではないでしょうか。

ガソリンエンジンと電気モーターが併用されている
ハイブリッド車であるプリウスには、
HDDナビゲーションシステムが搭載されています。
00-p01.jpg
そこではモーターとエンジンの使用状況や
平均燃費が表示されるようになっており、
ドライバーは自然とエコドライブを心がけるようになります。

発進時の燃費はとてもよく、
高速に入ると燃費が下がる。
エアコンの使用状況や空気抵抗によっても、
燃費は変わるそうです。

実際に環境に与えている負荷の度合いや
努力による負荷の低減度合いが
視覚的に理解できるということは、
人の行動の変化を促す上でとても大切なことだと思います。

目に見えないものをいかに視覚的に伝えるか、
これは大きなテーマだと思います。…

Share
カテゴリー: コミュニケーション/レポーティングのこれから | タグ: , | コメントする