アワード」タグアーカイブ

身も心も社会も豊かになる商品に光をあてる「ソーシャルプロダクツ・アワード」 【11/30応募〆切】

social_products

障がいの有無を問わず誰でも持ちやすい形にデザインされた、
会津塗りのお椀。
インド西ベンガルの女性がサリーをアップサイクルして作る、
カンタ織りストール。
焼却しても有毒なガスが出ない植物由来の繊維でできた、
土中で自然分解するエコバッグ。

食品から化粧品、日用品、家具まで、
昨年の受賞商品には様々なものが並んでいます。

生活者に身近な商品を通じて持続可能な社会づくりを目指す
「ソーシャルプロダクツ・アワード」が、
今年のエントリー商品を募っています。

ソーシャルプロダクツ・アワード2016
http://www.apsp.or.jp/spa/ 

「ソーシャルプロダクツ」という言葉は
イメージできるようでいて聞き慣れない言葉ですが、
主催する一般社団法人ソーシャルプロダクツ普及推進協会では
次のように定義しています。

「ソーシャルプロダクツとは、企業及び他のすべての組織が、
生活者のみならず社会のことを考えて作りだす
有形・無形の対象物(商品・サービス)のことで、
持続可能な社会の実現に貢献するものである。」

具体的には、
「エコ(環境配慮)」「オーガニック」「フェアトレード」
「寄付つき」「地域や伝統に根ざしたもの」など、
購入することでよりよい社会づくりに貢献できる
人や地球にやさしい商品・サービスの総称です。

同協会の専務理事・事務局長である中間さんは
「ソーシャルプロダクツはつながりを生むもの。
生活者が商品を通じて社会や生産者とつながるもの」

だとお話されていました。

つながりという視点でこれまでの受賞商品を見ると、
「誰が関わっているのか」が見える商品が多いように思えます。
地域の農家さんや商品開発に関わった高校生、
製造に携わる途上国の女性、障がい者施設の利用者など、
商品の先に人の気配が感じられるようです。

審査にあたっては「社会性」と「商品性」に加え、
「商品に付随するストーリーや仕組み」が評価されます。

「ストーリーなくしてソーシャルとは言えない。」

社会の課題を解決したいという強い思いが…

Share
カテゴリー: 注目のキャンペーン | タグ: , , , | コメントは受け付けていません。

Stockholm Water Award ビジネス部門はネスレ

NP Nicaragua66_lo
photo by CIAT International Center for Tropical Agriculture

毎年スウェーデンに世界中の専門家や企業、政策決定者が集い
水をテーマに話し合うWorld Water Weekが
今年も8月21~27日の日程で開催されました。

期間中、水問題に貢献した人々を表彰する
Stockholm Water Prize が発表されます。

今年のビジネス部門を受賞したのは、ネスレ。

Stockholm Industry Water Award
http://www.siwi.org/stockholmindustrywateraward

世界の水利用の70%近くは農業用といわれています。

3つの注力分野の1つに「水資源」を掲げている同社は、
1000人以上の農業・水の専門家を雇い、
サプライチェーンの上流に位置する
農家の水利用の効率化や生産力の向上、
水質汚染の減少に取り組んでいます。

2009~2010年の1年間に、30万人の農家に
専門的なトレーニングと技術サポートを提供。
過去10年間で合計取水量を30%減らしてきました。

これまでの受賞企業をみてみると、いずれも水道や
水浄化に直接関わる企業が選定されてきました。

2010年・・・Phnom Penh Water(カンボジア、水道)
2009年・・・Trojan Technologies(カナダ、水浄化)…

Share
カテゴリー: ミレニアム開発目標(MDGs)と持続可能な開発目標(SDGs) | タグ: , , , | コメントする

CR Reporting Award2008 大賞はVodafone

グローバルなオンライン投票で大賞を決める
「CR Reporting Award2008」の受賞者が決定しました。
http://www.corporateregister.com/crra/

今年で2回目の開催となるこの投票は、
世界で最大のCSRレポートのダイレクトリーを提供する
Corporate Register.comが主催しています。

2007年9月から2008年10月までにレポートを発行した
企業2000社から120社のエントリーを受け付け、
23500人の登録ユーザーを対象に9つの部門で
オンライン投票を実施。

2008年度の受賞結果は以下の通りです。

・最優秀賞 
Vodafone Group

・初めての非財務レポート-初レポート部門
Virgin Media

・従業員250人以下を対象-中小企業レポート部門 
Ecologic Designs

・アニュアルレポートとの統合がされているか-統合レポート部門
Novo Nordisk A/S

・ベスト・カーボン・ディスクロージャー部門
Royal Dutch Shell

・情報量やエンゲージメントなど読みやすいか-コミュニケーション部門 
Coca-Cola Enterprises

・本当に大事な情報を開示しているか-関連性・マテリアリティ部門
Vodafone Group

・企業にとって都合の悪い情報もしっかりと開示しているか-オープン性・誠実さ部門
Co-operative Group…

Share
カテゴリー: コミュニケーション/レポーティングのこれから | タグ: , , , , , , | コメントする

ヘンケルがウォルマートのサステナビリティ・アワードを受賞

ドイツの大手日用品メーカーのヘンケルが、
2009年のウォルマート・サステナビリティ・アワードを受賞しました。

小売業であるウォルマートが昨年サプライチェーンの取り組みを
本格化した際に創設された賞で、
最もサステナビリティに貢献したサプライヤーにおくられるものです。
昨年はユニリーバが同賞を受賞しています。

ヘンケルはドイツ企業らしく地道にサステナビリティに取り組み、
昨年12月にはドイツ政府から最もサステナブルなドイツ企業として表彰されました。
また、グローバル大手2500社の10%しか入れないDJSI Worldインデックスにも、
唯一の日用品メーカーとして組み入れられています。

ヘンケルにはCode of Sustainability Condactという
サステナビリティについての規範があり、ここからも
同社の体系立ててサステナビリティに取り組もうという姿勢が伺えます。

Code of Sustainability Condact / サステナビリティの規範
http://www.henkel.co.jp/jpj/content_data/78248_Code_of_Corporate_Sustainability_Eng_Jap.pdf

小売とメーカーの関係は、どちらかから一方的な要求がなされることによって、
必ずしも好意的な協力関係が築けない場合があります。
このような形でインセンティブを付与していく仕組みは、
今後サプライチェーンでの取り組みを進めるにあたって、
参考になる動きだと思います。…

Share
カテゴリー: 世界のホットニュース | タグ: , , , , | コメントする

グローバル100 今年の100社

スイスのダボスで行われていた「世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)」において、
「世界で最も持続可能な100社(グローバル100)」が発表されました。

The Global Top 100
http://www.global100.org/2009/index.asp

グローバル100とは、環境・社会・ガバナンス(ESG)の
リスクと機会に対するマネジメントの度合いを評価し、
世界の1800社の大企業から100社を選出したリストです。

アメリカの調査会社のイノベスト社が、
2005年から毎年発表しています。

選出された企業は、100%持続可能であることを意味するわけではなく、
こうして持続可能性の分野において顕著な取り組みをしている
企業をリストアップすることで、全体としての枠組みを
作っていくことに目的があるようです。

「世界の持続可能な企業トップ100」を巡る論争
http://gpress.jp/csrnews/archives/2006/02/13-143354.php

今年、日本からは以下の15社が選ばれています。

・イオン
・ダイキン
・JR東日本
・ホンダ
・クラレ
・三菱重工
・日本郵船
・NTTデータ
・NTTドコモ
・パナソニック
・リコー
・積水化学
・損保ジャパン
・凸版印刷
・トヨタ

リコーは今年で5年連続の受賞になるそうです。
損保ジャパンは保険業界で初めての選出です。…

Share
カテゴリー: サステナビリティ・CSV経営とガバナンス, 世界のホットニュース | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , | コメントする

多様性指標の積極公開-Wal-Mart

<多様性③>

先日、Wal-MartのCSRレポートを読んでいたのですが、
すごいですね。
ここまで細かく数値を出しているとは思いませんでした

Sustainability Progress to Date 2007–2008
http://walmartstores.com/GlobalWMStoresWeb/navigate.do?catg=772

この中のp30-p37は全て、
従業員(Associate)の多様性に関する指標です。

・男女比
・エスニシティ比
・男女社員の業務内訳
・エスニシティ別の業務内訳

ここでのエスニシティとは、
マジョリティとして白人、
マイノリティとしてアフリカ系アメリカ人、
ヒスパニック、アジア系、ネイティブ・アメリカン
に分けられています。

報告書の8ページを多様性のデータ報告に割く。
日本では考えられないですね。
やはりこれは、アメリカに籍を置いており、
戦略的に多様性をアピールしようという狙いがあるのでしょう。

社会からの評価も得ているようで、Wal-Martは以下のトップ企業に選ばれています。
・ダイバーシティ社「多様性トップ50企業」
・ワーキングマザー誌「マルチカルチャーな女性のためのベストカンパニー」
・ブラックエンタープライズ社「多様性ベストカンパニー40社」
・ヒスパニックの「Latinoのためのベストカンパニー100」…

Share
カテゴリー: ダイバーシティ&インクルージョン | タグ: , , , , | コメントする

ランキング

これまでランキングというテーマで
いくつか事例を見てきました。

評価基準や対象範囲によっては必ずしも
現実を正確に反映しているとは限りませんが、
それでもランキングで上位に入るということは、
それだけでブランドイメージにつながります。
ランキングに入ることが優先目標になってしまっては本末転倒ですが。

日本は気候変動対策で42位にランクインしてしまいましたが、
これではマイナスイメージですね。。。
The Climate Change Performance Index
http://www.germanwatch.org/klima/ccpi2008.pdf

これからも色々なランキングに注目していきたいと思います。…

Share
カテゴリー: 世界のホットニュース | タグ: , | コメントする

持続可能な都市ランキング

<ランキング④>

ちょっと視点を変えて、今回は都市のランキングをご紹介します。

日本で2001年に始まった「環境首都コンテスト」。
ドイツの環境都市フライブルグを日本にも作ろうということで、
11の団体からなるNGOネットワークが主催しています。

コンテストに応募した自治体が記入した質問票を元に、
得点をつけ人口別、部門別、分野別で順位がつけられます。
http://www.kankyoshimin.org/jp/mission/ecocity/ecocap/index.html

アメリカにも同様のランキングあります。
SustainLane US City Ranking
http://www.sustainlane.com/us-city-rankings/denver.jsp  

こちらは全米の50の大都市をランキングしたもの。
評価基準は以下の点:
・交通
・固形廃棄物管理
・エネルギー、気候変動政策
・公共輸送サービス
・企画、土地利用
・食、農業
・メトロの充実度
・都市の新しい活動
・グリーンエコノミー
・空気の質
・住宅価格
・市民の環境知識
・水道水の質
・自然災害発生のリスク
・LEEDを取得した建築物件数

2006年度、日米それぞれの1位は
北九州市とポートランド市でした。

持続可能な街づくりに対してCSRの文脈で出来ること、
たくさんある気がします。…

Share
カテゴリー: 世界のホットニュース | タグ: , , | コメントする

米・最も尊敬される企業

<ランキング③>

アメリカのFortune誌が毎年発表している
「アメリカの最も尊敬される企業ランキング」。
http://money.cnn.com/magazines/fortune/mostadmired/2007/index.html

以下の項目に渡って評価されます。
イノベーション
経営能力
資産運用
経営品質
資産の健全性
長期的投資
商品・サービスの品質
社会責任

1位は2年連続でGE。
”Ecomagination”経営が評価されているようです。

こういったランキングで常に上位に入ることは、
社会での認知度を高めるには極めて有効ですよね。
「さすが」と思いますし。…

Share
カテゴリー: 世界のホットニュース | タグ: , , , , | コメントする