ユニリーバ、サステナビリティ関連のブランドが急成長

2017 / 6 / 6 | 執筆者:Yurie Sato 佐藤百合枝


写真:ユニリーバ ツイッター

2010年、ユニリーバは
環境負荷を減らし、社会に貢献しながらビジネスを成長する戦略
ユニリーバ・サステナブル・リビング・プラン(USLP)を導入しました。

USLPでは、「衛生・健康」「環境負荷の削減」「経済発展」の3分野で
50以上の数値目標と達成期限を掲げています。

5月に発表されたUSLPの進捗報告では
Ben & Jerry’sや DoveなどUSLP関連のブランドが
2016年のユニリーバの成長の60%を占め、
その他のブランドに比べて2倍のスピードで成長していることがわかりました。

また、2016年のユニリーバのトップブランド40のほぼ半分は
USLP関連のブランドで構成されています。

とくに、Sunlightブランドは
途上国で手洗い用の泡切れのよい洗濯洗剤を販売することで
干ばつ地域の水使用量や、女性が洗濯にかける時間の削減に貢献したことが注目されました。

2016年だけで市場シェアを2.6%伸ばし、
ホームケア業界全体でも、P&GのDownyを抜いて成長率トップを記録しています。
(Kantar world panel レポート2016 P33)


グラフ:Kantar Worldpanel ‏ 2016より

ユニリーバの調査では、
30%以上の消費者が買い物の際に社会・環境への影響を配慮しており
20%の消費者が今後そのような意識を取り入れる意思があることから
消費者目線でも、社会・環境への取り組みの必要性が高まっていくことを指摘しています。

ユニリーバ・サステナブル・リビング・プランのこれまで成果をいくつか見てみると
・再生可能エネルギーの使用比率を全体の30%以上にし、
調達全体の50%以上をサステナブル調達に切り替えることで事業リスクを削減

・2008年以降、廃棄物削減など工場で進めた環境取り組みにより
7億ユーロ(約875億円)のコストを削減

・社会へのインパクト面では538万人の衛生環境を改善し、
サプライチェーンに関わる92万人の女性向けのスキル向上等の支援を実施
などが挙げられます。

80%以上の目標が順調に進捗中または達成済で
このまま進めば
2020年までにほぼすべての目標を達成する見込みです。
(全体の進捗状況はこちら

CEOのPaul Polmanは
「これまでの経験で、サステナビリティへの需要に応えられるブランドは
より安定した、迅速な成長をすることがわかった。
社会・環境への取り組みが、事業に対する信頼向上、
イノベーションの促進、サプライチェーンの強化、
事業リスク・コストの削減につながり、ユニリーバの競争率を高めていることは明らかだ。
引き続き、SDGsとも沿った新しい形の成長を実現していく」
とコメントしています。

参照:
https://twitter.com/Unilever

https://www.unilever.com/news/Press-releases/2017/unilevers-sustainable-living-brands-continue-to-drive-higher-rates-of-growth.html

http://www.triplepundit.com/2017/05/unilevers-sustainable-living-brands-grew-faster-rest-business/

http://www.brandchannel.com/2017/05/24/unilever-sustainable-052417/

このエントリーをはてなブックマークに追加

Sustainability Frontline もっと学びたい方へ

この記事で取り上げたテーマについてより詳しく知りたいという方は下記よりご連絡ください。より詳しい内容理解 / 勉強会でのライトニングトーク / 社内セミナーでの話題提供など、一緒に学びを深める機会を作っていきたいと思います。

お名前
メールアドレス
企業名、団体名
詳しく知りたい内容など

プライバシーポリシーに同意する