Marks & Spencerの人権報告書を早読み

2016 / 8 / 2 | 執筆者:野澤 健 Takeshi Nozawa

2016年6月、英小売大手のMarks & Spencerが初となる人権報告書を発行しました。

M&Sreport
M&S Human Rights Report 2016
https://corporate.marksandspencer.com/documents/plan-a-our-approach/mns-human-rights-report-june2016.pdf

高まる人権への関心に応え、これまで行ってきた
人権に関する取り組みを体系的に整理し報告しているもので、
昨年6月のユニリーバに続き、
国際的にも先行事例となります。

(関連記事:世界初のユニリーバ人権報告書 気になる中身とは?

Marks & Spencerは現代奴隷法への対応を機に、

・人権方針
・グローバル調達方針
・衣類、家庭用品、食品のサプライチェーンにおける苦情処理方針
・現代奴隷法に関するステートメント

をすべて改訂・新規に発表。
また、各国に散らばるサプライチェーンを
インタラクティブに開示するなど、
人権に関する取り組みと報告を強化しています。

supplier_map
http://interactivemap.marksandspencer.com/

気になる報告書の中身は、
人権に関するコミットメントから始まり、
7つの顕著な課題(salient issues)に関する報告、
ガバナンス体制、今後の取り組みと続き、
全部で60ページあります。

重要な課題として特定しているのは、以下の課題。

<7つの顕著な課題>
・強制労働
・結社の自由
・差別、女性の権利
・健康・安全
・生活賃金
・水・衛生
・労働時間

<その他4つの追加課題>
・児童労働
・土地の権利
・安定雇用
・プライバシー

salient
課題と事業との関係性 P13

それぞれの顕著な課題について、
課題認識、リスクの度合い、方針、デュー・ディリジェンスの事例、
対応事例、協働事例、ネクストステップを報告し、
監査の結果についても課題別に違反数を開示しています。

audit
監査の結果 P15

こうした先進的な人権報告書を読むことのメリットは、
「人権に取り組む」といったときに、
なにを、どこまでやったらいいのかという点が見えてくることです。

どこまで、とはいっても、そんなに簡単なものではもちろんなく、
先進的と言われている企業でさえ、まだまだ取り組みは道半ば。
ユニリーバもマークス&スペンサーも、
8年~10年単位のロードマップを描いて取り組んでいます。

plan
M&Sのロードマップ P9

担当者の方には、まずは、内容を一読してみることをお勧めします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Sustainability Frontline もっと学びたい方へ

この記事で取り上げたテーマについてより詳しく知りたいという方は下記よりご連絡ください。より詳しい内容理解 / 勉強会でのライトニングトーク / 社内セミナーでの話題提供など、一緒に学びを深める機会を作っていきたいと思います。

お名前
メールアドレス
企業名、団体名
詳しく知りたい内容など

プライバシーポリシーに同意する