これだけは知っておきたい 木材DDのポイント

2016 / 8 / 30 | 執筆者:野澤 健 Takeshi Nozawa

Big timber
photo by AdamKR

2016年5月。日本でクリーンウッド法
(合法伐採木材等の流通及び利用の促進に関する法律)が成立しました。
1年後の施行に向けて、関連法令の整備が今後進んでいきます。

2016年6月。東京オリンピック・パラリンピックにおける
木材の調達基準が発表されました。
1月に発表された調達コード基本原則を具体化した基準の第1弾で、
関心の高さが窺えます。

8月の山の日には、NGO主催による
米国・欧州の状況を学ぶ木材デューディリジェンスに関するセミナーがあり、
参加をしてきました。

自身の整理も兼ねて、それぞれの特徴や要件、
学びを簡単に整理してみたいと思います。

●国内における要求事項

1.クリーンウッド法
・合法伐採木材等を利用するよう努める(努力義務)
・対象は木材関連事業者(建設、紙、家具なども含む)
・登録制で、登録すると「登録木材関連事業者」と名乗れる
・デューディリジェンスの義務規定、罰則なし

詳しくはこちら→

2.東京オリンピック・パラリンピックの木材調達基準
・対象:建設材料・家具として使用される各種木材、建設用の型枠合板
・留意すべきイシュー:
 −原産地での適切な手続き
 −中長期的な森林経営
 −伐採における生態系保全、先住民・地域住民への配慮、労働者の安全対策
・FSC、PEFC、SGECの認証材であれば原則OK
・国産材を優先的に選択することを推奨

詳しくはこちら→

●海外における状況

それでは、進んでいるとされる欧米では、
どのような状況なのでしょうか。

米国では、2008年にレイシー法(違法な動植物の取引を規制)
の対象に木材・木材製品が追加されました。

EUでは、2013年からEU木材規制(EUTR)が施行されています。

日本との大きな違いは、違法伐採が明確なリスクとして顕在化しており、
リスクを排除するためにもデュー・ディリジェンスが求められることです。

米国では実際にロシアから違法木材を輸入したとして
床材販売大手のランバー・リクイデーター(Lumber Liquidators)社に
罰金刑が科せられました

その額、約1300万ドル(13億円以上)。株価は80%のダウンになりました。

違法木材を取り扱うリスクを避けるためにも、
欧州では、デュー・ディリジェンスが事業者の義務として定められています。

木材のリスクを捉える上での要素は、3つ。

・樹種リスク
・国リスク
・製品リスク

それらのリスクに対し、

・情報収集
・リスク評価
・リスク緩和

の3つのステップでデュー・ディリジェンスに取り組みます。

リスクの度合いは、当該地域における種の生息状況や影腐敗度数などの指標など、
国際機関やNGOによる調査報告などを参照して評価することになりますが、
ここまでやればOKという明確な基準があるわけではありません。

人権デュー・ディリジェンスも最近よく耳にするようになった言葉ですが、
これをクリアすればいい、これをやったらいい、というものではなく、
許容できるリスクであるかどうかを特定するための、リスク管理のプロセスです。

日本ではデュー・ディリジェンスが必須のものとして要求されていないこともあり、
先行して自主的に取り組んでいくことが重要です。

伊藤忠、双日、住友林業、丸紅など
日本の木材商社のデュー・ディリジェンスの実施状況については、
国際NGOのグローバル・ウィットネスが7社の取り組み状況を
以下のように評価しています。

witness
違法行為の黙認 日本の自主的制度は違法木材取引を見逃している」より

このエントリーをはてなブックマークに追加

Sustainability Frontline もっと学びたい方へ

この記事で取り上げたテーマについてより詳しく知りたいという方は下記よりご連絡ください。より詳しい内容理解 / 勉強会でのライトニングトーク / 社内セミナーでの話題提供など、一緒に学びを深める機会を作っていきたいと思います。

お名前
メールアドレス
企業名、団体名
詳しく知りたい内容など

プライバシーポリシーに同意する