世界に広がるホームレス向けアパレルショップ

2016 / 3 / 31 | 執筆者:野澤 健 Takeshi Nozawa

2014年に南アフリカのケープタウンでオープンした
ホームレスの人々向けのセレクトショップ「The Street Store」。

現在、インド、ブラジル、メキシコ、カナダ、オーストラリアと世界各地に広がっています。

その仕組みがこちら。

道路沿いに掲げられているのは、
「服をかけてください」と書かれた段ボール。

いらなくなった服がかけられるようになっており、
ホームレスの人たちは、自分たちが欲しいと思うものを
ウィンドウショッピングならぬストリートショッピングが
できるようになっています。

一方的に支援物資を配給する対象とするのではなく、
相手を尊厳を持った個人として扱うこの取り組みには、
多くの共感と賛同が寄せられています。

貧困状態に陥った人の「尊厳」の問題。

日本では形を変えて、生活保護受給の問題として現れています。
生活保護の受給を恥と考え、生活に困窮しているにも関わらず、
受け取りを拒んでしまう人が多くいます。

今後、ロボット技術の普及によって失業者が増えていくことが想定されるなか、
貧困に陥らないためのセーフティネットとして
国民全員に一律で生活に必要な賃金を支給する
ベーシックインカムが議論されてしかるべきときに来ていると思います。

この夏、スイスでは、世界で始めて
ベーシックインカムの導入が国民投票にかけられます。
結果に注目です。

ところで衣類の再利用といえば、ユニクロとGUが進める
難民支援のために1000万着の古着を回収する
「1000万着のHELP」が800万着にまもなく到達するようです。https://www.uniqlo.com/jp/csr/10MillionWaysToHelp/

この機会に自宅の衣服の断捨離をしてみてはいかがでしょう。
(両社の製品のみが回収の対象です)

このエントリーをはてなブックマークに追加

Sustainability Frontline もっと学びたい方へ

この記事で取り上げたテーマについてより詳しく知りたいという方は下記よりご連絡ください。より詳しい内容理解 / 勉強会でのライトニングトーク / 社内セミナーでの話題提供など、一緒に学びを深める機会を作っていきたいと思います。

お名前
メールアドレス
企業名、団体名
詳しく知りたい内容など

プライバシーポリシーに同意する