アップルもIKEAもH&Mも 再エネ100%が当たり前の世界へ

2015 / 11 / 25 | 執筆者:野澤 健 Takeshi Nozawa

Beautiful Wind Turbine for Renewable  Electricity Generator
photo by epSos .de

「ビジネスで使用する電力のすべてを再生可能エネルギーでまかなっています」

もう10年もすると、こう宣言する企業が
多くみられるようになるのではないでしょうか。

RE100%という動きがあります。
使用電力を100%再生可能エネルギーに転換することを目指す
企業によるイニシアチブで、2014年に立ち上がりました。

RE100%
http://there100.org/

初期の参加企業は、IKEAやH&Mなどのスウェーデン企業、
英国の通信大手BT、スイスの再保険会社SwissRE、
ネスレやフィリップスなど12社。

今年9月には新たにスターバックスやウォルマート、
P&Gやジョンソン・エンド・ジョンソン、ゴールドマン・サックス、
ナイキなどが参加を表明し、現在は40社にまで拡大しています。

参加企業は使用電力を100%再エネにすることを年限付き目標とともに宣言します。

達成年度は2020年、2025年、2050年と参加企業によってまちまちですが、
すでに達成している企業もあります。

再エネ100%という壮大な目標。
のようにみえますが、各方面を見渡してみると、すでに様々な動きが出てきています。

なかでも進んでいる業界の一つが、IT業界です。

膨大な電力を消費するデータセンターをグリーンにしようと
呼びかけるグリーンピースのキャンペーンなどもあり、
GoogleやFacebookなどが続々と反応。
再エネへのシフトを宣言しました。

グリーンピースのCool IT キャンペーンについて
http://www.greenpeace.org/japan/ja/campaign/energy/cool_it/

(個人的にはFacebookに働きかけたこの動画が似ていて好きです)

ものづくり企業でも同様の動きは出てきています。
Hondaはブラジルで立ち上げた生産工場をすべて
再エネでまかなうべく、風力発電所を立ち上げました
先日発表されたトヨタの長期環境目標でも、
生産工程での消費エネルギーを100%再エネと水素にするとしています。

米国のオフィス家具メーカーのスチールケースはグローバル電力消費相当量の
再エネをすでに購入し、さらにはサプライヤーにも働きかけを推進。
取り組んだサプライヤーには購入時のディスカウント率で
恩恵が受けられるようになっています。

こうしてみていくと、すでに100%再エネへのシフトは
当たり前の動きのようにも思えてきます。

最後に、アップルの取り組みをご紹介します。

アップルは米国での事業はすでに100%を達成しており、
全世界での数値も87%にまであがっています。
最近では新たに中国での再エネ設備への投資を発表。
同社のウェブサイトを読んでいると、
なぜ自分は取り組まないんだろう、という気持ちになってきます。

「私たちは気候変動について、議論したいのではありません。阻止したいのです。」
http://www.apple.com/jp/environment/climate-change/

このエントリーをはてなブックマークに追加

Sustainability Frontline もっと学びたい方へ

この記事で取り上げたテーマについてより詳しく知りたいという方は下記よりご連絡ください。より詳しい内容理解 / 勉強会でのライトニングトーク / 社内セミナーでの話題提供など、一緒に学びを深める機会を作っていきたいと思います。

お名前
メールアドレス
企業名、団体名
詳しく知りたい内容など

プライバシーポリシーに同意する