これが私たちの人材力! Allianzの人的資源ファクトブック

2015 / 7 / 5 | 執筆者:野澤 健 Takeshi Nozawa

hr-human-resources
photo by Larry Medeiros

優秀な人材を引き寄せ、つなぎ留め、
働きやすい環境を提供することで、
いかに高いパフォーマンスを発揮してもらうか―

人材獲得もグローバルで競争が進むなか、
企業の成長性をみるうえで、そこで働く「ヒト」への注目が高まっています。

それに対応する形で、自社の「人的資源」に焦点をあてて、
情報開示を行う企業も目につくようになりました。

その一例が、世界最大の保険会社であるドイツのAllianz(アリアンツ)。
自社の従業員に関するデータをまとめた
「人的資源ファクトブック(Human Resource Fact Book)」を発行しています。

「従業員構造&ダイバーシティ」
「働きやすさ」
「教育・能力開発」
「報酬・成績」
「魅力ある企業」
「従業員との関わり合い」
の6つのパートで構成されており、中を見てみると、

地域ごとの年齢層や(新興国は若者比率が高い)

allianz_age

従業員のパートタイム比率(12%)

allianz_parttime

さらには平均在籍年数(平均は11年。長い?短い?)

allianz_worklength
(いずれもHuman Resource Fact Bookより)

と、様々なデータを見ることができます。

「ファクトブック」なので当然ファクトが中心なのですが、
日本の従業員関連の発信では、現場の従業員が登場して
「いかに働きやすいか」「どんなやりがいがあるか」
を語る内容になりがちな点と比べると、対照的です。

ヒトに焦点をあてた「ダイバーシティレポート」を見比べてみても、
日本企業と欧米企業のレポートの違いは一目瞭然です。
(パラパラと見るだけでも違いをわかっていただけると思います)

三菱東京UFJ銀行 ダイバーシティレポート2014
三井住友銀行のダイバーシティ・レポート

Citi 2014 ANNUAL DIVERSITY REPORT
Walmart 2014 Diversity & Inclusion Report

「ヒト」に関する情報開示で注目したいのが、
その企業が重視している指標です。

欧米企業ではやはり、女性をはじめとするダイバーシティに関する指標と、
従業員の能力開発に投資した平均時間数や費用といった
人材開発に焦点をあてている例が目立ちます。

一方、日本企業に見られる有給や育休の取得率は、
欧米企業ではほとんど見られません。

「ヒト」に関する開示では、
自社が従業員の人権を尊重し、フェアであるか。
また自社の人材がいかに高いパフォーマンスを発揮できる環境にあるか。
それらの観点から、客観的なファクトを示していくことが重要なポイントになります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Sustainability Frontline もっと学びたい方へ

この記事で取り上げたテーマについてより詳しく知りたいという方は下記よりご連絡ください。より詳しい内容理解 / 勉強会でのライトニングトーク / 社内セミナーでの話題提供など、一緒に学びを深める機会を作っていきたいと思います。

お名前
メールアドレス
企業名、団体名
詳しく知りたい内容など

プライバシーポリシーに同意する