拡大が加速する金融包摂

2015 / 6 / 5 | 執筆者:Yurie Sato 佐藤百合枝

キャプチャ

2015年4月に世界銀行の
「金融包摂(ファイナンシャルインクルージョン)」
に関する報告書”The Global Findex Database 2014″が公開されました。

「金融包摂」は、金融システムへのアクセスを持たない人や企業に、
金融サービスを提供しようとする取り組みです。

世銀では、貧困をなくすために「金融包摂」が不可欠であるとして
2013年に、
2020年までに就労年齢のすべての成人に金融アクセスを提供する
という野心的な目標を発表し、
今回、銀行口座の普及状況をもとに金融包摂の進捗を発表しました。

本報告書によると、2014年時点で
世界の成人人口の約20億人が銀行口座を持っていません。
特に途上国の所得の下位40%に属する世帯では
その数は半数以上に上ります。

また、貧困層と呼ばれる人々が
信頼できる正規の金融機関で預金や借入ができることは
彼らが貧困の悪循環から抜け出し
安定した生活を得ることに役立つとしています。

私がフィリピンの農村に住んでいたときに学んだのは、
たとえば、農民が干ばつなどで収入が得られないとき
生活費や教育費を調達するには、知人に借金をするか
高利貸しに頼るしかありません。(家族の病気などの緊急時も同様)

農民が集まって農業組合としてローンの仕組みをつくる人たちもいましたが、
管理担当者がお金に困って組合のお金を盗んでしまったり、
メンバー全員が十分な金融リテラシー*を持つわけではないので
十分に機能しないことが多いと聞きました。

*金融リテラシー:金融に関する健全な意思決定を行うための意識や知識

貧困層が銀行口座を持たない主な理由としては、
口座の開設にかかる費用や手続き、銀行までの距離が挙げられます。(報告書P.3)
また、世界の携帯の契約数は70億を超えており、
その3/4は途上国で(ITU調べ)あることから
携帯電話の機能など技術の活用は近年特に注目されています。

2011~2014年の間に新しく口座を開設した人の数は7億人に上っており
携帯電話の活用や金融サービスのデジタル化が大きな役割を果たしています。(世界銀行 The little data book on Financial Inclusion P.26)

世界レベルでとられているアクションの例としては、
G20でも金融包括に向けた具体的な10の行動計画が発表されており
その中で掲げられているのが
革新的な技術活用と金融リテラシーの提供です。

次回のブログでは、この2つの分野で金融包摂に取り組む
企業活動の事例をご紹介します。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Sustainability Frontline もっと学びたい方へ

この記事で取り上げたテーマについてより詳しく知りたいという方は下記よりご連絡ください。より詳しい内容理解 / 勉強会でのライトニングトーク / 社内セミナーでの話題提供など、一緒に学びを深める機会を作っていきたいと思います。

お名前
メールアドレス
企業名、団体名
詳しく知りたい内容など

プライバシーポリシーに同意する